使えない無能な転職エージェントの特徴5選!こんなやばいのは相手にするな

使えない無能な転職エージェントの見分け方

本当に転職エージェントを使って転職がうまくいくのだろうか?

そんな心配をしていませんか?実際、世の中にはやばい無能な転職エージェントが多いのも事実です。

むしろ使えないアドバイザーの方が多いかもしれません。

この記事を書いている人

  • 過去に2回の転職を経験
  • 忙しすぎて駅のホームで涙を流した経験あり
  • 現在は半分サラリーマンで半分フリーランス

無能な使えない転職エージェントを利用してしまうと転職は失敗します。

この記事でわかること

  • 使えない無能な転職エージェントの特徴
  • 使えない無能な転職エージェントに当たってしまった時の対処法
  • 有能な転職エージェントの見つけ方

この記事を読めば、無能な転職エージェントにダマされず良い内定先が見つかるようになるでしょう。

転職エージェントのアドバイザーは(ちょっと言葉は悪いですが)ガチャみたいなものです。

アドバイザーが有能かどうか、あなたと相性が良いかどうかは利用してみないとわかりません。

使えない無能な転職エージェントならアドバイザーを変えてもらえばよいですし、別の転職エージェントを使うのも自由です。

無料で利用できる特徴を活かして、どんどんガチャを回していけば良いと思いますよ。

もし利用していないなら、 マイナビエージェント の利用をおすすめします。転職サポートに期限がないので、とりあえず登録して相談するだけでもうってつけのサービスです。

親切丁寧がモットーの転職エージェントなら マイナビエージェント

転職エージェントのビジネスモデルを理解しておこう

無能なやばい転職エージェントを避けるためには、転職エージェントのビジネスモデルを理解しておきましょう。

転職エージェントは、転職が決まると企業が紹介料として転職エージェントに報酬を支払っているので無料で利用できます。

それぞれのメリット

  • 転職希望者→無料でサポートを受けられる
  • 転職エージェント→人材を紹介すると報酬がもらえる
  • 企業→良い人材を採用できる

このように、本来転職エージェントは三方良しのビジネスモデルです。

関連記事なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?理由を仕組みから理解する

しかし使えない転職エージェントは、テキトーに求人を紹介して報酬をもらおうとしてきます。

求職者は望まない企業に就職してしまい、企業もミスマッチな人材を採用させられてしまうのです。

こんなことを続けていれば転職エージェントは信用をなくし、サービスを利用する企業は減っていくでしょう。

確かにそうなのですが、あなたの人生は一度きり。使えない転職エージェントのせいで職務経歴に傷をつけられてはたまらないです。

ですので、次からは「どうしたら使えない無能な転職エージェントを避けられるのか?」について解説します。

使えない無能な転職エージェントの特徴5選

使えない転職エージェントの特徴を5つご紹介します。

使えない無能なやつの特徴

  • いきなり求人を紹介してくる
  • 面談をしてくれない
  • 年収が下がるオファーを出してくる
  • とにかく応募しろと言ってくる
  • 併願をすすめてくる

順番に解説します。

いきなり求人を紹介してくる

いきなり求人を紹介してくる転職エージェントは使えない

まだ話したこともないのに、いきなり求人を紹介してくる転職エージェントは使えません。

どんな価値観を持っているのか、どんな適性があるのかは深掘りをしないとわからないはずです。なのに、いきなり求人を紹介することなんて絶対にできません。

職務経歴書を見て、同じような求人をテキトーに紹介してきているのでしょう。

同じような求人で待遇が変わらないなら、転職をする意味がありませんよね?報酬をもらおうとだけしている、使えないクソみたいな無能転職エージェントですね。

キャリア面談をしてくれない

キャリア面談をしてくれない転職エージェントは使えない

キャリア面談をしてくれない転職エージェントは使えません。

キャリア面談は、転職エージェントとの転職活動でもっとも大事と言っても過言ではないです。

  • 信頼関係の構築
  • 転職の軸の確認
  • 価値観の確認
  • 希望条件の確認

こういった大切な要素がキャリア面談には詰まっています。

とはいえ、面談をしてくれないパターンは3つあるので、どのパターンなのかは確認しましょう。

面談をしてくれない理由

  1. 転職エージェントのアドバイザーが使えない
  2. あなたに紹介できる求人がない
  3. 転職エージェントのアドバイザーが忙しすぎる

1つ目の使えない無能な転職エージェントなら、面談もせずに転職活動の話を進めてくるはずです。無視しましょう。

無視してはいけないのが2つ目と3つ目の場合。

2つ目の「紹介できる求人がない」場合は、メールなどで「紹介できる求人がありません」と連絡がくるはずです。

これはあなたに価値がないということではなく、転職エージェントが持っている求人とあなたの経歴やスキルがミスマッチであることが考えられます。

この状態で面談をしてもお互いに時間がムダになってしまいますからね。違う転職エージェントを利用してみましょう。

3つ目の転職エージェントのアドバイザーが忙しすぎる場合は、何度かコンタクトを取ってみてください。

人気があり多忙なのかもしれません。

ただ、そこで転職活動が止まってしまうのは良くないので、違う転職エージェントも併用して進めるようにするのがおすすめです。

年収が下がるオファーを出してくる

安易に年収が下がるオファーを出してくる転職エージェントは無能

安易に年収を下げる求人を紹介してくる転職エージェントはクソ確定の使えない転職エージェントなので付き合うのをやめましょう。

なぜなら、年収を下げれば転職できる確率が上がり、転職エージェントに報酬が入るからです。

例えば、年収500万円の人が年収400万円の仕事に応募したら、年収400万円の募集を出している企業はどうでしょうか?本来500万円の価値の人材を400万円で雇えるのですから採用したいと思いますよね。

転職エージェントは楽に転職を決められるので年収を下げて応募しろと言ってきています。

このように年収を下げるオファーは、求職者一人が損をする状態なのです。

ただし、未経験の業界に挑戦する場合は年収を下げないと求人がない場合もあります。

転職エージェントが年収を下げるオファーを出してきた場合は「なぜ年収が下がるのか?」理由を聞くようにしてください。

納得できる答えを返せない転職エージェントは使えません。

とにかく応募しろと言ってくる

とにかく応募しろと言ってくる転職エージェントは使えない

「とにかく応募数が大事です」と、求人に応募するよう言ってくる転職エージェントは使えません。

数うちゃ当たる作戦で、手当たり次第応募させようとしています。

例えば「まずは30件応募してください」みたいなことを言ってくる転職エージェントは無能です。

たしかにある程度の応募数が必要なのは事実です。選択肢の数を増やすということですからね。

ただ、応募数の前に重要なことがあります。

「なぜその求人の応募するのか?」と応募する理由が明確になっていることです。

そのため、転職の軸を作り、職務経歴書を作り込んでから「応募数が大事です」と言ってくる転職エージェントなら有能と言えるでしょう。

理由なく「とにかく応募しろ」と言ってくる転職エージェントは無能で間違いないです。

併願を勧めてくる

併願を進めてくる転職エージェントは無能

併願とは、同じ企業の複数の職種に応募することです。

例えば、ある企業の営業と経理の求人が出ていた場合、営業と経理の求人に応募することを「併願」と言います。

求人の募集要項に併願はダメだと書いていない場合応募することは可能です。

ただ、応募された企業からすると「この人いったい何したいの?」と思われ、採用される確率は低くなってしまいます。

採用担当者が経歴や適性を見て「こっちの職種の方が活躍できそうだからどうですか?」と提案してくる場合はあるかもしれません。

ですが、求職者や転職エージェント側から複数応募するのは軸がないのでダメなのです。

また、別の転職エージェント経由で応募して不採用だった会社に、別の職種での応募を進めてくる転職エージェントは無能中の無能です。

転職エージェントと企業の契約では、オーナーシップ条項というものが盛り込まれています。

まれにブラック企業の場合はオーナーシップ条項を破るところがあるようですが、そんなブラック企業に入社したいですか?

応募しても採用されない、万が一採用されたとしてもブラック企業。併願はおすすめしません。

仮に採用されたとしても前に応募した転職エージェントに報酬が入るのです。こんな提案をしてくるのは使えない転職エージェント確定ですね。

使えない転職エージェントエピソード

使えない転職エージェントのエピソード

使えない転職エージェントのエピソードをご紹介します。

今勤めている会社の求人を紹介してきた

無能すぎますね。なぜこんなコントみたいなことが起きるのでしょうか。

職務経歴書さえも見ていないのでしょう。コントなら笑えるんですが、実際の話なので笑えません。

求人に勝手に応募していた

ひどすぎます。希望もしていないのに、紹介してきた求人に勝手に応募する転職エージェントもいるそうです。

企業側も聞いていない可能性があるので、面接まで進んでもトラブルになるのは間違いありません。

使えないどころか害があるので、クレームを入れて良いレベルです。

無能な転職エージェントに当たってしまった時の3つの対処法

使えない転職エージェントに当たってしまった時の対処法

残念ながら無能な使えない転職エージェントは一定数います。

そんなやばい転職エージェントに当たってしまった時の対処法を3つご紹介します。

無能転職エージェントの対処法

  • 転職エージェントのアドバイザーを変更してもらう
  • 違う転職エージェントを使う
  • 転職エージェント以外のサービスを利用する

順番に解説します。

転職エージェントのアドバイザーを変更してもらう

転職エージェントのアドバイザーを変えてもらう

無能なアドバイザーに当たってしまったら、アドバイザーの変更をお願いしましょう。

実は転職エージェントの良し悪しは、アドバイザーの質によるところがかなり大きいです。

アドバイザーの変更の仕方は、細かくは転職エージェントごとに違いますが、メールや電話をすれば変えてくれはずです。

大手の場合は、定期的にメールで「アドバイザーはどうでしたか?」と確認のメールが来たりします。

そこで変えてほしい場合は連絡できるようになっているので、変更を希望してください。

アドバイザーを変更するなんてちょっとかわいそう…と思うかもしれませんが、相手もビジネスですから遠慮することはありませんよ。相性の問題もありますしね。

違う転職エージェントを使う

違う転職エージェントを利用する

違う転職エージェントを使うのも手です。

複数のアドバイザーと話をすることで、どちらのアドバイザーが良いのか比較ができます。

より良い転職活動をするには転職エージェントを複数利用するのが鉄則です。

無能な転職エージェントに当たる当たらないに関わらず、最低2社は利用しておきましょう。

関連記事転職エージェントを複数登録すべき理由|メリットデメリットも解説

転職エージェント以外から応募する

転職エージェント以外のサービスを利用する

転職する手段は転職エージェントだけではありません。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 直接応募
  • リファラル採用

他の手段で転職活動をしても良いでしょう。

ただ、転職活動をするなら圧倒的に転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは無料で利用できるので、使えない転職エージェントだと思ったら付き合いをやめればいいだけですからリスクはありません。

無能ばっかりだなと思ったら、一度違う方法を試してみて、うまくいきそうならそちらでも良いかもしれないですね。

関連記事どちらを利用するべき?転職エージェントと転職サイトの違いを解説

有能な使える転職エージェント3つの特徴

有能な転職エージェントの特徴

ここまで使えない無能転職エージェントの特徴や対策をご紹介してきました。

やばい転職エージェントを避けるのも重要ですが、そもそも有能な使える転職エージェントに出会えれば問題は解決します。

ここでは、有能な使える転職エージェントの特徴を3つご紹介します。

有能転職エージェントの特徴

  • レスポンスがはやい
  • 職務経歴書の添削が丁寧
  • 面談で親身になってくれる

こういったキャリアアドバイザーは信頼できますね。

レスポンスがはやい

レスポンスがはやい転職エージェントは良いアドバイザー

レスポンスが早い転職エージェントは有能な可能性が高いです。

ビジネスにおいてレスポンスの速さは有能な証。メールなどの返信が早い転職エージェントは他の仕事もできると判断できます。

返信が早いアドバイザーを見つけましょう。

職務経歴書の添削が丁寧

職務経歴書の添削が丁寧なのは使える転職エージェント

職務経歴書の添削が丁寧な転職エージェントは使えます。

職務経歴書がしっかりしていないと書類選考も通らないからです。

転職活動の基礎となる大事なところは、職務経歴書であることを理解しています。

逆に職務経歴書の作り込みが甘いのに、応募を進めてくる転職エージェントは避けた方が無難です。

面談で親身になってくれる

面談で親身になってくれる転職エージェントは有能

面談で親身に相談にのってくれる転職エージェントは有能です。

求職者とアドバイザーは信頼関係が大切なので、親身に相談にのってくれるのは信頼関係を構築しようとしてくれているわけですから。

このような姿勢の転職エージェントは有能と言えます。

とは言え、甘い言葉ばかりで「大丈夫ですよ!」などと言ってくる転職エージェントは無能なので注意してください。

本当に有能な転職エージェントはダメなところはダメであると指摘してくれます。

転職エージェントを利用する目的は良い企業から内定をもらうこと。転職エージェントのアドバイザーとお友達になることが目的ではないです。

最終的な目的を忘れず、転職エージェントのアドバイザーと信頼関係を作ってください。

有能転職エージェントに出会う3つの方法

有能な転職エージェントに出会う方法

有能な転職エージェントにである方法を3つご紹介します。

有能転職エージェントに出会う方法

  • 複数の転職エージェントを使って比較する
  • まずは相手のアドバイザーを信頼する
  • 自分の軸を持って転職活動をする

順番に解説します。

複数の転職エージェントを使って比較する

複数の転職エージェントを使って比較するのが鉄則

複数の転職エージェントを使って比較をしましょう。

比較対象がないと、有能なのか無能なのか判断できないからです。

転職エージェントを1つだけ使っていると、それが当たり前になってしまい悪い対応だったとしても気がつきません。

逆に良い対応なのに「別の転職エージェントを使っていたら、もっと良い求人を紹介してくれてうまくいくんじゃないか?」と思ってしまうこともあるかもしれません。

良い悪いに関わらず、複数の転職エージェントを使うようにしましょう。

関連記事転職エージェントを複数登録すべき理由|メリットデメリットも解説

まずはアドバイザーと話をしてみないと始まりません。チャートを使って、あなたにあったアドバイザーを探してみてくださいね。

自分にあった転職エージェントって?

10秒でわかる!

3つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめの転職エージェントがわかります!

男性か女性か

一問目:男性ですか?女性ですか?

20代か30代以上か

二問目:あなたの年齢を教えてください

20代か30代以上か

二問目:あなたの年齢を教えてください

男性か女性か

三問目:最近の年収を教えてください

男性か女性か

三問目:最近の年収を教えてください

男性か女性か

三問目:最近の年収を教えてください

男性か女性か

三問目:最近の年収を教えてください

 

まずは相手のアドバイザーを信頼する

まずは転職エージェントのアドバイザーを信頼しよう

まずは転職エージェントのアドバイザーを信頼するところから始めましょう。

まずはこちらが信頼をしないと、転職エージェントからの信頼も得られないからです。

例えば、転職エージェントのアドバイザーがあなたのことを「どうせ使えないやつだろうな」と思いながら対応してきたらどうでしょうか?
あなたは確実にその雰囲気を感じ取り、そんな転職エージェントは利用したくもないと思うことでしょう。

転職エージェントのアドバイザーを最初から疑うのはそういうことなのです。

ですので、まずは「転職エージェントのアドバイザーを信頼する」ところから始めてみてください。

関連記事【不安解消】転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけない5つのこと

自分の軸を持って転職活動をする

自分の軸を持って転職エージェントを利用する

自分の軸を持って転職活動をしましょう。

軸がないとアドバイザーもどんな求人を紹介したら良いかわからないからです。

あなたに軸がないからいろいろと求人を紹介してくれ、結果的にミスマッチな求人を大量に送ってきてしまうのかもしれません。

このようにして、無能な使えない転職エージェントを作り出してしまうのです。

自分の軸を作って転職活動をするのは、失敗しないために大切なので意識しておいてください。

関連記事【転職の軸の作り方】定まらない?やりたい仕事がなくても別に良い

まとめ:使えない転職エージェントは無視!次に切り替えよう

使える転職エージェントを見つけるのが成功のカギ

無能で使えない転職エージェントの特徴について解説してきました。

正直なところ、使えない無能な転職エージェントはいます。

どの転職エージェントが良いとか悪いとかではなく、アドバイザーの質や相性によっても異なるので面談してみないと判断は難しいです。

ただ、ある程度の目安はあるので把握しておきましょう。

使えない無能なやつの特徴

  • いきなり求人を紹介してくる
  • 面談をしてくれない
  • 年収が下がるオファーを出してくる
  • とにかく応募しろと言ってくる
  • 併願をすすめてくる

こんなアドバイザーは確実に使えないので無視です。

使えない無能なアドバイザーにあたってしまったら、次のように対処してください。

無能転職エージェントの対処法

  • 転職エージェントのアドバイザーを変更してもらう
  • 違う転職エージェントを使う
  • 転職エージェント以外のサービスを利用する

複数の転職エージェントを利用して、良さそうな方をメインにしていくと良いでしょう。

良い転職エージェントはこんな特徴があります。

有能転職エージェントの特徴

  • レスポンスがはやい
  • 職務経歴書の添削が丁寧
  • 面談で親身になってくれる

求人に応募する前のやり取りが丁寧なアドバイザーは使えますね。

良い転職エージェントの見つけ方は次の通り。

有能転職エージェントに出会う方法

  • 複数の転職エージェントを使って比較する
  • まずは相手のアドバイザーを信頼する
  • 自分の軸を持って転職活動をする

自分の軸を持ちつつ、アドバイザーと信頼関係を築くことを考えてください。

使えない無能な転職エージェントがいることは事実です。ですが、使える有能転職エージェントを見つければ、あなたにとって強力なパートナーになってくれるでしょう。

まずは転職エージェントのアドバイザーに会ってみないと判断できませんから、申し込みをして面談してみることをおすすめします。

\完全無料!/

おすすめ転職エージェント

ここまで読んでいただきありがとうございました。あなたにとって良きパートナーとなる転職エージェントのアドバイザーが見つかることを願っています。

  • この記事を書いた人

斉藤くんの中の人(すぎやまじょうじ)

新社会人として一部上場の商社に入社し25歳の時に畑違いであるIT業界の中小企業へ転職。その後同じ業種で人生2回目の転職をして同じ仕事ながら年収100万円アップ。今は会社の仕事は半分にしてもらい、もう半分はフリーランスとして働いて安定と自由をバランスよく得ています。パロディマンガ「ブラック職場によろしく」で転職と副業の大切さを発信しています。

-転職エージェント

スキルに自信がなく将来が不安なら
手に職をつけよう!
スキルに自信がなく将来が不安なら
手に職をつけよう!