【第二話】転職回数を気にしないで良い3つの理由|むしろ少ないと不利?

ブラック職場によろしく

前回までのあらすじ

東証一部上場の大手商社「壱龍勇明(いちりゅうゆうめい)」に入社した斉藤。

新人の頃には働き方に疑問を持っていたが、入社3年目になり日々の業務に追われてそういった考えは消えていた。

 

同期の出久根から「将来独立したい」と言う話を聞くが、リスクの高い独立なんて馬鹿げていると思い、資格を取ったり仕事に打ち込んだりして会社を続ける決意を固めている。

 

前回の話はこちら

登場人物紹介はこちら

 

転職回数が多いと、転職活動で不利になりそうな気がして不安ですよね。

結論から言うと大丈夫です。転職回数だけでは不利になりません。むしろ転職回数が少ないと不利になる時代にすらなってきています。

 

転職経験がないと、所属していた会社や業界の勢い、扱っていた商品の力で結果をだしてきただけではないか?と本人の実力が疑われてしまうからです。

この記事を書いている人

  • 過去に2回の転職を経験
  • 現在は半分サラリーマンで半分フリーランス
  • 完全在宅の仕事でストレスフリー

本記事では、転職回数が多くても不利にならない理由と、逆に転職回数を武器にする方法について書いています。

 

何度も転職をしていて転職回数が気になっていたり、転職したいけど職歴に傷がつきそうと心配になったりする あなたはぜひ参考にしてください。

 

むしろ転職回数が少ないと不利になる可能性がある

転職回数がないとむしろ不利

 

意外ですが、転職回数が少ないと不利になる場合すらあります。

なぜなら、今の会社以外では通用しないのでは?と疑われてしまうからです。

 

結果を出していたとしても、たまたま会社の業績が良かったから?とか、たまたま業界に恵まれていたからでは?などと疑われます。

斉藤

マンガでも門脇さんがドヤってたね

ドヤってたな

出久根

もし本人の実力があれば、どんな会社や業界でも結果を残しているでしょう。その実力を証明するのが転職です。

これからはどこでも通用する「ポータブルスキル」を持っていることが求められます。それくらい転職は当たり前な時代です。終身雇用はすでに崩壊しています。

早期退職制という名前のリストラも珍しくありません。認識をアップデートして、今にあった働き方をしましょう。

 

転職回数を気にしなくて良い3つの理由

転職回数は気にしなくていい

 

結論を言うと転職回数は気にしなくて良いです。

転職回数を減らすことはできませんので、これからどうするべきかをポジティブに考えることがとても大切です。

 

転職回数を気にしなくていい理由

  • 転職回数が少ないとむしろ不利なる
  • 転職には意味づけができる
  • 前向きな姿勢で十分カバーできる

 

大切なのは回数ではなく意味。転職にどういう意味づけをするかで印象はガラッと変わります。

 

転職回数が少ないとむしろ不利なる

転職回数が少ないと不利

 

前の章でも説明したように、転職回数が少ないとむしろ不利になる可能性もあります。

1つの企業に定年まで勤め上げるのは、終身雇用が崩壊していなかった1世代も2世代も前の働き方。この知識のアップデートができていないと、10年後20年後に必ず後悔するでしょう。

 

とても大切で、気がついた時には取り返せないので繰り返しお伝えしています。

 

転職には意味づけができる

 

転職に意味づけをすれば不利にならない

意味のない転職は存在しません。必ず何かしらの理由があって人は転職するからです。

仮にネガティブな転職理由であってもポジティブな理由に置き換えることができます。

例えば未経験の仕事に転職している場合は、若いうちにチャレンジしていろいろと経験をしたかったなどです。

具体的な意味づけについては後半の「転職回数を武器にする方法でご紹介しています。

 

前向きな姿勢で十分カバーできる

前向きな姿勢で転職回数の多さはカバーできる

 

中途採用は新卒の時のような、やる気やポテンシャルでの採用ではなく即戦力としての経験を求められます。

ですが中途採用でも前向きな姿勢や、やる気があった方がいいのは間違いないです。

新卒には絶対にない、「社会経験を生かして貢献する」というポジティブな姿勢が採用担当者の心に響くでしょう。

仮に転職回数が多いとしても悲観せず、前向きな姿勢で転職活動に望むと魅力的に見えます。

 

転職回数が多いと不利となってしまう3つの理由

転職回数が多いと不利になる理由

 

転職回数の多さが必ず不利になるとは限りません。

ただ、やみくもに転職を繰り返してしまうと不利になるのは確かです。

 

転職回数が不利になる理由

  • またすぐに辞めてしまうのではと思われる
  • 人間性や体に問題があるのではと疑われる
  • スキルや経験がないのではと思われる

 

現実的な問題として認識しておいたほうがいいですね。

 

またすぐに辞めてしまうのではと思われる

転職回数が多いとまた辞めると思われる

 

転職回数が多いと、またすぐに辞めてしまうのではないか?と疑われてしまいます。

既に転職回数が多いことはどうしようもありません。転職歴を隠そうなどと考えないようにしましょう。

ウソをついても、年金記録や雇用保険の加入履歴からバレます。

 

こういった場合は、転職した理由をキチンと説明することが大切です。

そんなものない……という人は、後半にある「転職回数を武器にする方法」で解説するので安心してください。

人間性や体に問題があるのではと疑われる

転職回数が多いと何か問題があるのではと疑われる

 

転職が多い人は何かしらの問題を抱えているのではないか?と思われてしまいます。

  • 人間関係が苦手なのでは?
  • 健康上の問題があるのでは?
  • 諦めが早いのでは?

 

ここは面接でのフォローが大切です。

なぜ転職をするのか?どういう価値を提供できるのかを伝え、応募先の企業に「欲しい!」と思ってもらえれば十分カバーできます

 

スキルや経験がないのではと思われる

転職回数が多いとスキルがないと思われる

 

短い期間しか働いていないと、スキルが身についていないのではと心配されます。

特に即戦力を求められるような中途採用では、将来性に期待する新卒採用とは異なりシビアです。

前の仕事でアピールできる実績があればアピールを。特にない場合はいま勉強したり取り組んでいたりすることをアピールし、積極的な姿勢を見せましょう

自分でスキルを磨ける人だと判断してもらえれば、中途でも将来性を考慮して採用してくれます。

まだ若く経歴に自信がない場合は、「若手向けの転職エージェント」を使って転職活動をするのも手です。

 

もう転職回数が多い!そんな人がこれから心がける5つのこと

転職回数が多い人が心がけること

 

もう転職回数が多い場合はどうしたらいいのでしょうか?

転職回数を減らすことはできませんから、これからどうすればいいかを考えてみてください。

 

転職回数が多い人が心がけること

  • ライフスタイルに合った仕事を探す
  • 価値提供する意識を持つ
  • 一本の筋を見つける
  • さまざまな経験を強みにする
  • スキルアップのために転職したと言わない

 

ここでも前向きな姿勢でいきましょう。

 

ライフスタイルに合った仕事を探す

ライフスタイルを考える

 

転職活動をしているときは、内定をもらうことが目的になってしまいがちです。

ですが、転職は目的ではなく手段。本当の目的は「豊かで幸せに暮らしたい」ことでしょう。この「豊かで幸せ」というのは人によって基準が違います。

  • プライベートの時間がしっかりあるのがいいのか?
  • 自分のやりたい仕事ができるのがいいのか?
  • 給料が高く自由に使えるお金が多いのがいいのか?

ここを考えずに転職をしても、また同じように転職をしたいと考えるようになってしまいます。

転職を考える時は、自分の希望や手に入れたい生活を考える、いわゆる「転職軸」を持って転職活動をしてくださいね。

転職軸の作り方は「【転職の軸の作り方】やりたい仕事がなくても別に良くないですか?」で解説しています。

くれぐれも手段と目的を混同しないようにしましょう。

 

価値提供を意識する

 

転職したい理由を、そのまま企業に伝えてはいけません。転職先の企業には関係ないことだからです。

  • 今の仕事に不満がある
  • やりたい仕事がある
  • 給料アップしたい

言い方は悪いですが、「企業からすると知ったこっちゃない」です。

 

企業に対してどういった価値を提供できるのかをアピールしてください。

新卒時の採用とは違いますから、この人はなにができるんだろう?という視点で採用担当も見てきます。

 

もちろん現職への不満や、やりたい仕事への憧れは転職活動の大きなエネルギーです。

不満や希望は応募先の企業に対して伝えるのではなく、転職すると幸せになれるかという判断基準として使うといいですね。

 

一本の筋を見つける

一本の筋を見つける

 

転職を繰り返しているとまたすぐに辞めてしまうのではないか?と疑われてしまうのは事実です。

そこで今まで経験してきた職場の共通点を見つけ、一本の筋としてアピールするとキチンと考えていることが伝わります。

例えば次のようなものです。

未経験のIT系に転職している場合

前職でパソコン関係の仕事で頼られることが多く本業にしたいと思った。

事務職から営業に転職している場合

人とのコミュニケーションに面白さを感じ、営業の方が向いていると思った。

 

ここは経験してきた仕事によってさまざまなので、一概に「これがアピールポイントになりますよ」とはお伝えできません。

 

ですが、今までの会社はそれぞれ価値があると思ったから採用してくれたわけですから、なにか共通点はあります。

応募先の仕事に合致する共通点を見つけてアピールしてください。

 

さまざまな経験を強みにする

いろいろな経験をアピールする

 

転職を繰り返したからアピールポイントがない……そんな人も少なくないはずです。

ですが、とても強力なアピールポイントをすでに持っていることにお気づきですか?

それは、さまざまな職場を経験したことです。

 

職場ごとにやり方や人間関係もいろいろあったでしょう。良いところも悪いところも含めて経験です。

良いところは取り入れて、悪いところは反面教師にして、あなたが考える会社への貢献の仕方をアピールしてください。

 

最近は業界の違うまったくの未経験者を採用する例も増えています。違う業界の考えを取り入れてシナジー効果を狙っているからです。

他の人にはない「転職回数の多さ」をうまく利用しましょう。

 

スキルアップのために転職したと言わない

スキルアップのために転職と言わない

 

ポジティブで良いように感じるかもしれませんが、スキルアップのための転職という理由は言ってはいけません

なぜかと言うと、スキルアップしたらまた転職してしまうのではないかと思われるからです。

もしスキルアップのためだとしても、「自分の力がさらに発揮できる職場だと思い転職した」などと、採用する企業にメリットがあると思わせるように伝える工夫をしてください。

相手企業の立場にたってアピールしましょう。

 

転職回数の多さを武器にする方法

転職回数は武器にすればいい

 

やっぱり自分には特別なスキルや経験なんてないからムリだ…

それなら、ポジティブに自分で考えて行動できる人間だとアピールすると良いでしょう。

 

それぞれ、良くある退職理由ごとにアピールの例を紹介します。

例文を参考に今までの経験をスパイスとして加えて、あなただけのオリジナルにして活用してください。

 

仕事が激務でやめた

仕事が激務でやめた場合は、次のような理由で説明します。

 

仕事が忙しすぎて体を壊してしまう前に辞めました。
体を壊して急に仕事を休めば、職場に迷惑をかけるし自分自身も困ると思ったからです。

食事や睡眠に気をつけて体調管理をし、最高のパフォーマンスで仕事ができるように努めます。

 

もし、この説明が原因で不採用になるような企業はそもそもブラック企業体質ですから、入社しないのが正解です。

 

職場の人間関係が悪くて辞めた

職場での人間関係がうまくいかずに辞めた場合は次のように説明すると良いでしょう。

 

人それぞれ本当にいろいろな考え方があると実感しました。
正直なところフィーリングがあわない同僚もいましたが、そこも含めていい経験ができたと考えています。

仕事は人間関係に影響される部分がとても大きいです。
今までの経験を活かして、私が来たら職場の雰囲気が良くなったと言ってもらえるような人間関係を築きたいと思っています。

 

このように、いい関係も悪い関係も活用できるようにアピールしてください。

そして、新しい職場で働く時は同時に自分も変えるとうまくいきます。「職場の人間関係の悩みを劇的に改善する他人を変えるのではなく自分を変えるという考え」で説明していますので、興味のある方は読んでみてくださいね。

 

給料が安くて辞めた

給料に不満があって辞めた場合は次のように理由を伝えてください。

 

前の仕事では、能力に見合った成果は給料にほとんど反映されませんでした。
上司にもかけ合ってみましたが、会社の制度的に仕方ないとのことです。

さすがに会社の制度を変えることはできないので、転職という道を選びました。
今までの経験を活かして、今の給料以上の価値を提供する意気込みです。

 

向上心があり、会社に価値を提供するという気持ちをアピールしてみてください。

 

仕事が嫌になって辞めた

仕事が嫌になって辞めた場合は、どうしたら少しでも仕事がしやすくなる工夫をしたかアピールしましょう。

 

仕事なので、どうしてもやりにくい部分や苦手なこともあったのは事実です。
なので、自分でも工夫したり上司にも相談したりして、なんとか改善できないか試みました。

多少の改善はあったものの、残念ながらパフォーマンスが大きく向上するまでにはいたらなかったです。
このままでは自分自身のモチベーションも高まりませんし、なにより会社に貢献できないと判断して転職を決めました。

 

前向きな気持ちを伝えてください。

 

やりたい仕事があった

やりたい仕事があるとき

 

ここでは、次の4パターンについてご紹介します。

  • 異業界・異職種の場合
  • 異業界・同職種の場合
  • 同業界・同職種の場合
  • 同業界・異職種の場合

 

どれも経験を今後に生かすという前向きな姿勢を見せましょう。

 

異業界・異職種の場合

転職パターン1:異業界異職種

新しい仕事にチャレンジしたかったと説明しましょう。

 

なるべく若いうちに新しい仕事にチャレンジしたかったので転職をしました。
経験は若いうちにする方が良いと思ったからです。

ただ、いつまでも転職を繰り返すつもりはないので、今までの経験を生かし腰を据えて働きたいと思っています。

このように、チャレンジ精神をアピールしつつ、転職先の企業で働き続ける意思を示してください。

 

異業界・同職種の場合

転職パターン2:異業界同職種

経験に幅を持たせた人材になりたかったことを説明します。

 

自分のスキルを活かしつつも、違う業界で幅広い経験をした方が良いと考え転職をしました。
経験は若いうちにする方が良いと思ったからです。

ただいつまでも転職を繰り返すつもりはないので、得られた経験を生かし腰を据えて働きたいと思っています。

スキルを磨きつつも、幅広い知識や経験を得て将来に生かしたいというアピールをしましょう。

 

同業界・同職種の場合

転職パターン3:同業界同職種

同じ業界の会社でも、風土ややり方が違うことを知り行動したと伝えましょう。

 

仕事の幅を広げるために同業界への転職をしました。
なぜあの会社は成果を出しているのだろうか?と気になったからです。

同じ仕事をしていても会社によってやり方が全く違うことが良くわかりました。
広く経験した知識を活かして、御社での最適なやり方を提案したいと思います。

経験してきた知識を生かしますというアピールをしてください。

 

同業界・異職種の場合

転職パターン4:同業界異職種

業界内でも、職種によって立場が違う経験をしたことをアピールしましょう。

 

仕事はお互いの立場を理解しておいた方がスムーズであると思っています。
本当は別部署に異動できれば良かったのですが、なかなか希望が通るのは難しいと言うことで転職をしました。

それぞれの立場を理解した上での仕事は、やはり役に立っています。
お客様はもちろんのこと、社内でも相手の立場にたって仕事をしてお互いに良い関係を築きたいと思っています。

相手の立場に立って考えるというビジネスの基本がアピールポイントです。

 

 

転職エージェントを活用して客観的な意見をもらうのがベスト

 

すでに転職回数が多い人は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

なぜなら、自分の判断だけで転職してしまうと同じことを繰り返してしまうからです。転職エージェントは年齢やスキル、経験を元に希望条件と見比べて客観的に判断してくれます。

 

場合によっては転職を勧められないこともあるでしょう。退職が目的になってしまっている場合もあるので冷静に判断できる第三者の意見は貴重です。

 

無料で利用できるので、これを使わない手はありません。転職エージェントの力を借りてください。

 

転職エージェントに登録するなら、 マイナビエージェント をおすすめします。アドバイザーが親切丁寧と評判ですし、転職サポート期限がなく、転職を急かされることがないからです。

まずは転職回数が多いことも正直に伝え、その上でどういったキャリアを積んでいくべきかじっくりと相談しましょう。

あわせて、 doda への登録もおすすめします。 doda は求人数が多く、同時に転職サイトへの登録も完了するので、選択の幅を広げたり、業界や業種の相場を知ったりするのに適しています。ぜひ、併用してください。

 

マイナビエージェント はおすすめですが、対象地域が「首都圏・関西圏・東海圏」で20代を得意とするエージェントなので、もし範囲外や、使ってみたけど良い求人を紹介してもらえなかった場合は、 リクルートエージェント に登録してみましょう。

リクルートエージェント は業界最大手で豊富な求人数があり、アドバイザーの質も良いのでおすすめです。

マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

親切丁寧なサポートが評判。総合型ですが、各業界や職種に特化したサービスと連携しているため、専門性のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けられます。

転職サポート期限が無期限なのがポイントで、ゆっくりと時間をかけて行える転職活動が魅力です。20代で、将来を考えながらじっくりと転職活動をしたい人におすすめします。


doda

非公開求人を含め、約10万件という業界最大級の豊富な求人数を誇る総合型の転職エージェント。転職サイト「doda」への登録も同時に完了するので、転職サイトで求人の相場を知ることもできます。

転職活動のバランスを取るため、他のサービスとの併用がおすすめです。まずは登録必須。


リクルートエージェント

転職支援実績NO.1の総合型転職エージェント。業界最大級の非公開求人数を持っていて、大手ならではの質の良いアドバイザーが特徴です。

幅広い業界、業種、地域の求人を扱っており、情報収集にも使えて、そのまま応募して面接でもOKな守備範囲の広さがウリ。マイナビで希望の求人が見つからなかったり、転職活動に慣れてきたら追加の登録をおすすめします。

 

その他の転職エージェントや、もっと細かい目的にあった おすすめの転職エージェントを知りたい場合は「【目的別】おすすめ転職エージェント一覧【組み合わせの例も紹介】」を読んでみてくださいね。

 

まとめ:転職回数が多くても不利になるとは限らない!むしろ武器にしてしまおう

転職回数は気にせず武器にして前向きに活動しよう

 

転職回数が多いからといって不利になるとは限りません。転職理由の説明ができれば問題ないです。

むしろ、転職回数が少ないと仕事の成果も本人の実力ではないと判断されてしまう場合さえあります。

 

とはいえ、やみくもな転職がマイナスなのは間違いありません。自分一人で判断するのではなく、転職エージェントに相談して客観的な意見をもらうことが重要です。

 

転職エージェントは無料で利用できるので、転職回数が多くて不安な方はまず相談してみましょう。

どこに転職エージェントに登録したら良いか迷う人は マイナビエージェント doda への登録してみましょう。

 

マイナビエージェント はアドバイザーが親切丁寧と評判です。転職サポート期限もないので、じっくりと転職活動をするのに最適です。

doda は求人が多く、同時に転職サイトへの登録も完了するのでおすすめしています。

 

マイナビエージェント はおすすめですが、対象地域が関東・関西・東海と絞られていて、20代以降の転職にはあまり強くないのが弱点です。

マイナビエージェント を使ってみて、イマイチなら リクルートエージェント を使ってみると良いでしょう。

転職エージェントの善し悪しは担当者との相性によるところが大きいので、まずは2社登録して相性の良いエージェントをメインに転職活動をすすめと良いです。

 

あわせて、転職サイトや口コミサイトを連携させて転職の成功率をアップさせてくださいね。

関連記事【厳選】おすすめ転職エージェント|転職サイトや口コミを連携させ主導権を握ろう

その他にどんな転職エージェントがあるか知りたいなら、「【目的別】おすすめ転職エージェント一覧【組み合わせの例も紹介】」を読んでみてください。

 

悲観せずに前向きな姿勢で相談すれば、転職エージェントは必ず力になってくれるでしょう。

企業の採用担当者にもその気持ちが伝わるはずですよ。

 

  • この記事を書いた人

斉藤くんの中の人

新社会人として一部上場の商社に入社し25歳の時に畑違いであるIT業界の中小企業へ転職。その後同じ業種で人生2回目の転職をして同じ仕事ながら年収100万円アップ。今は会社の仕事は半分にしてもらい、もう半分はフリーランスとして働いて安定と自由をバランスよく得ています。パロディマンガ「ブラック職場によろしく」で転職と副業の大切さを発信しています。

-マンガで見る転職