転職活動はいつからやるべき?始めるのにベストなタイミングを5つの理由で解説

転職活動をするベストタイミングは

「転職活動を始めるベストのタイミングを知りたい。」そう考えていませんか?

結論を言ってしまうと、実は転職活動を始めた方が良いタイミングは、まさに今この瞬間です。

なぜなら、転職活動は準備が大切であり、「今すぐ転職したい!」と思ってから転職活動を開始しても遅いからです。

この記事を書いている人

  • 過去に2回の転職を経験
  • 忙しすぎて駅のホームで涙を流した経験あり
  • 現在は半分サラリーマンで半分フリーランス

この記事を読めば、なぜすぐにでも転職活動をした方が良いか納得してもらえるはずです。

この記事でわかること

  • 今すぐに転職活動を始めるべき理由
  • 転職活動を開始してから転職するまでの期間
  • 会社を辞めるベストなタイミング

記事を読むことにより、今後のキャリアで得られる給料は確実に伸び、本当の安定が手に入るでしょう。

転職活動を始めるかどうか迷っているあなたは、ぜひ最後まで記事を読んでみてください。

転職活動を始めるベストタイミングは今この時である5つの理由

すぐにでも転職活動始めるべき理由

転職活動は今すぐにでも始めましょう。理由は次の5つです。

すぐに始めるべき5つの理由

  • 転職活動自体にリスクはない
  • 常に良い求人が出ているとは限らない
  • アドバイザーとの信頼関係が作れる
  • 焦らずじっくり転職活動ができる
  • いざという時の準備になる

転職は、準備をしたかしないかで成功率が大きく変わります。

転職活動自体にリスクはない

転職にリスクはあっても転職活動はノーリスク

転職にはリスクがありますが、転職活動自体はノーリスクです。

なぜなら、転職活動をしたからと言って、絶対に転職をしなければならないというルールはありません。

私も実際、転職活動をして転職せずに現職にとどまった経験があります。年齢も若くなく、環境を変えずに今やっている副業に力を入れた方が良いと判断したからです。

このように、転職活動はするだけタダですから、今すぐにでも始めて問題ありません。

常に良い求人が出ているとは限らない

常に良い求人が出ているかはわからない

転職が成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかが重要です。「良い求人」とは人それぞれであり、希望の職種や条件、待遇によって異なります。

良い求人に出会えるかどうかは、転職活動をしている時に「自分にあった求人が出ているか?」とも言えるでしょう。つまり転職活動の期間は長い方が、自分にあった求人に出会える確率がアップします。

常に良い求人に出会えるとは限らないので、転職活動は早めにやっておくのがベストです。

アドバイザーとの信頼関係が作れる

転職エージェントのアドバイザーと信頼関係が作れる

転職活動をするなら転職エージェントを利用するのが圧倒的におすすめです。

  • ネットに出ていない非公開求人の紹介
  • 職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日の日程調整
  • 給料などの条件交渉

これらを無料でやってくれます。ハッキリ言って、使わないと損するサービスです。

転職エージェントは世の中にたくさんあり、担当してもらうアドバイザーとの相性によっても転職活動がうまくいくかどうかは大きく影響されます。

相性の良いアドバイザーを見つけ、信頼関係を築くことが転職を成功させる大きなカギです。

そういった点から、転職サポート期限がない マイナビエージェント は長く付き合いができるのでおすすめです。

マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

親切丁寧なサポートが評判。総合型ですが、各業界や職種に特化したサービスと連携しているため、専門性のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けられます。

転職サポート期限が無期限なのがポイントで、ゆっくりと時間をかけて行える転職活動が魅力です。20代で、将来を考えながらじっくりと転職活動をしたい人におすすめします。

ほかにもどんな転職エージェントがあっているのか知りたい場合は、3つの質問に答えてもらうだけでわかるのでチェックしてみてください。

自分にあった転職エージェントって?

10秒でわかる!

3つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめの転職エージェントがわかります!

男性か女性か

一問目:男性ですか?女性ですか?

20代か30代以上か

二問目:あなたの年齢を教えてください

20代か30代以上か

二問目:あなたの年齢を教えてください

男性か女性か

三問目:最近の年収を教えてください

男性か女性か

三問目:最近の年収を教えてください

男性か女性か

三問目:最近の年収を教えてください

男性か女性か

三問目:最近の年収を教えてください

 

焦らずじっくり転職活動ができる

あせらずにじっくりと転職活動ができる

転職活動は今の仕事を続けながらするのが鉄則です。

会社を辞めて転職活動をしてしまうと、仕事に就くことが目的になってしまいます。前職の条件より悪くても内定を受諾してしまうでしょう。

採用する企業側も、既に辞めている求職者には良い条件を提示してこない場合もあります。

転職活動は「もう嫌だ!転職したい!」と思っていないうちからするのが良いのです。

関連記事次を決めずに仕事を辞めるのはNG!転職先を決めてからでないとヤバい3つの理由

いざという時の準備になる

会社に何かあった時などの準備になる

「私は生涯この会社で働くので転職活動は不要です」という人もいるでしょう。

ですが、一生この会社で働き続けるという考えは甘いと言わざるをえません。

既に終身雇用は崩壊しており、早期退職制という名前のリストラも珍しくありません。そもそも会社が定年まで安泰だと言う保証は全くないのです。

そんな、いざという時に、転職活動をしながら準備してきた人と、転職活動をしたことがない人ではどちらが良い結果に結びつくでしょうか?

言うまでもなく、転職活動をして準備をしてきた人が良い結果に結び付きます

このように、転職活動は「転職しなくちゃ!」と思う前から実施しておくようにしましょう。

転職エージェントを使って転職活動をする場合の注意点

転職エージェントを使って転職する際の注意点

転職活動をするには転職エージェントの利用がおすすめとお伝えしてきました。

ただし利用の仕方にはコツがあります。

転職活動のコツ

  • 良い求人があればすぐにでも転職する意思を伝える
  • 転職エージェント以外からも情報収集をする
  • メインで利用する転職エージェントを決める

順番に解説します。

良い求人があればすぐにでも転職する意思を伝える

良い求人があればすぐにでも転職することを伝えておく

転職エージェントには「良い求人がみつかればすぐに転職したい」と伝えるようにしましょう。

転職エージェントは転職が決まって始めて報酬がもらえるビジネスモデルです。決してボランティアではありません。

当然、転職をする意思が強い人が優先されます。

関連記事なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?理由を仕組みから理解する

「まだ本当に転職しようとは思っていないんだけど…」そういう人もいるでしょう。

ですが「良い求人がみつかればすぐに転職したい」というのは本当のことですよね?今の仕事と条件や価値観を比べて「良い」と思えば転職を「微妙」と思えば転職をしなければ良いだけです。

転職エージェントには転職の意思があることを伝えておきましょう。

転職エージェント以外からも情報収集をする

転職エージェント以外からも情報収集する

転職エージェントの利用はおすすめですが、転職エージェントからだけの情報だと片寄ってしまいます。

転職エージェントはビジネスであり、多少なりともアドバイザーの都合の良いように情報をくれると考えておきましょう。

ですので、転職エージェントの利用を軸としつつも、転職サイトの求人や、口コミサイトの情報もあわせて見ておくことが重要です。

このように自分でも情報収集しておくことで、アドバイザーの話もより理解しやすくなり、転職活動を有利に進められます。

関連記事転職エージェントは転職サイトや口コミサイトを連携させて主導権を握ろう

メインで利用する転職エージェントを決める

相性の良い転職エージェントのアドバイザーを探そう

転職エージェントは複数利用するのが鉄則です。1つの転職エージェントだけだと求人の幅が狭まってしまいます。

また、複数のアドバイザーと話をしてみることで、相性の良し悪しや対応の良し悪しを比較可能です。

ただし、あまりにも転職エージェントを登録しすぎるとアドバイザーとの対応が大変になってしまうでしょう。

そこでおすすめしたいのは、まずは2つの転職エージェントを利用してアドバイザーの対応を比較します。
そこで良いと思った方の転職エージェントをメインとしつつ、落ち着いてきたら違う転職エージェントを使ってみることです。

これを繰り返していくと、より良いアドバイザーに出会える確率がアップします。

関連記事転職エージェントを複数登録すべき理由|メリットデメリットも解説

求人が盛んになる時期は2~3月と8~9月

求人が増える時期はある

転職活動はすぐにでも始めた方が良いですが、求人が多く出る時期というのはあります。

求人が多い時期

  • 2~3月
  • 8~9月

この2つです。

2~3月は新年度に向けて人員を補強するために求人が増えます。年度末で退職する人も多いですからね。

8~9月も下期に向けた人員の補強をするため求人が増えます。新年度で採用した新卒の状況を見て、足りないポジションを補強する人事が多いです。

いずれにせよ、求人に応募するだけが転職活動ではありません

  • スキルや経験の棚卸し
  • 転職の軸の作成
  • 職務経歴書の作り込み
  • アドバイザーとの面談

これら全てが転職活動の1つであり、求人が盛んになってから始めても遅いです。

転職活動は常にやって準備をしておきましょう。

転職活動開始から実際に転職をするまでの期間

転職活動を開始してから1カ月半で転職することもある

転職活動を開始してから実際に転職をするまで最短1カ月半、長くて半年以上です。

長いと1年を越えて転職活動をしている人もいます。

それぞれ今の仕事や転職活動状況によって異なりますが、最短の1カ月半のモデルケースを見てみましょう。

最短1カ月半のモデルケース

転職活動スケジュール1
転職活動スケジュール2

このような流れの場合1カ月半です。

転職は大変なことであると思っている人が多いですが、ニーズがマッチした求人が見つかった場合はとんとん拍子で内定はでます。

募集している企業も「欲しい」と思って内定を出すわけですから、良い人材がいればすぐにでもきてもらいたいのです。

じっくり探すなら長期にもなりますし、すぐに転職をするならすぐにでも決まることを覚えておきましょう。

会社を辞めるベターなタイミングは?

会社を辞めるベターなタイミング

いざ内定をもらったら、今の会社に「辞める」と伝えなければなりません。

いつ退職すると良いかは、内定先の都合との兼ね合いによります。ですが「辞めるのに良い」というタイミングはいくつかあります。

会社を辞めるベタータイミング

  • 社会人を1年以上経験
  • ボーナスをもらった後
  • 仕事の引き継ぎが完了した後
  • 有給休暇を消化した後
  • 年度変わりの3月末

理想は、もっとも得ができて、かつ会社に迷惑がかかりにくい時期がベストです。

社会人を1年以上経験

社会人経験は1年以上した方が良い

新卒で入った会社なら、1年以上は経験してからの転職するようにしましょう。

夏季休暇や年末年始、年度末のバタバタ感など、1年を通して働いてみないとわからないことがあるからです。
1年通して働くことで、学生時代とは違う「本当の社会人経験」ができるでしょう。

「石の上にも三年」となぜか「3年は務めろ」という都市伝説みたいなものもありますが、令和の時代に3年は長すぎます。

新卒から1年未満だと採用担当者が良い印象を持たないこともあるので、最低でも1年働けばOKと思ってください。

ボーナスをもらった後

ボーナスをもらった後

ボーナスをもらってから辞められれば1番得をします。当然の権利ですので、堂々と請求しましょう。

ただ寸志しかもらえないとか、大したボーナスが期待できない場合はこだわる必要はありません。
もらえる額と、退職日の調整を天秤にかけて考えてください。

ボーナスをもらえる条件を満たしているのに「退職するヤツにはやらない」と言ってくるような会社の場合は、退職代行を使うのコスパが良いです。

退職代行を使う費用が発生しますが、ボーナスをもらえるようになるので結果的に金銭的に得ができます。

関連記事退職代行を使うなんて恥ずかしい?パワハラを受けて仕事を辞めるのは逃げ?

仕事の引き継ぎが完了した後

仕事の引き継ぎが完了した後

退職するとしても、引き継ぎはしっかりとするようにしてください。

引き継ぎをしないとシンプルに迷惑がかかりますし、ムダに敵を作ってしまいます。

転職しても、もしかすると今の会社の同僚や上司が顧客になる可能性もゼロではありません。

2週間あれば引き継ぎはできるでしょうから、いろいろな調整も考えて退職日の1カ月前に退職の意思を伝えれば問題ないです。

なるべく穏便に、立つ鳥跡を濁さずの精神で退職をしましょう。

有給休暇を消化した後

有給休暇を消化した後

残っている有給休暇の取得を申請しましょう。これも当然の権利です。

退職するなら有給休暇を認められないというのは違法です。関係ありません。

原則として有給休暇の買取りは認められませんが、退職のタイミングでは例外的に認められます。ただし法律で義務付けられているわけではないので、絶対に買い取ってくれるわけではありません。

もし日程的に有給休暇が消化できない時は、買取も打診してみてください。

今の会社ともめるようなら退職代行を使うのもありです。

関連記事退職代行を使うなんて恥ずかしい?パワハラを受けて仕事を辞めるのは逃げ?

年度替わりの3月末

年度替わりの3月末

もし可能なら、年度替わりの3月末に退職できると良いでしょう。

年度替わりは人の入れ替えが多く、会社側も人のやりくりがしやすい時期だからです。内定先の企業も、同じ理由で良いタイミングです。

ですがこれはあくまでも可能ならで構いません。内定先が欠員の補充で採用しているならすぐにでも来てもらいたいはずです。

タイミングが合いそうな時期なら調整すると良いですね。

実際の転職タイミングは内定先の都合を最優先にしよう

転職タイミングは内定先の都合を最優先にしよう

転職のタイミングは最も得ができて、今の会社に迷惑がかかりにくい時がベストだと解説してきました。

ですが、もっとも重要視するべきなのは「内定先の企業の都合に合わせる」ことです。

今の会社や自分のことばかり優先していると、内定を取り消されてしまう可能性もあるので注意してください。

例えば、すぐにでも来てほしい人材なのに、内定を出してから入社するのが半年先になった場合、人事担当者はどう考えるでしょうか?他に良い求職者がいればそちらを採用してしまいますよね?

内定はあくまでも内定であり、まだ気を抜いてはいけないのです。内定先の企業の優先を軸に、もっとも良い退職時期を調整しましょう。

関連記事転職で内定をもらったけど決断できない!内定をもらったらやるべき3つのこと

まとめ:今このタイミングで転職活動を始めよう

転職活動を始めるべきタイミングは今まさにこの時

転職活動を開始した方が良いタイミングは、まさに今この時です。

すぐに始めるべき5つの理由

  • 転職活動自体にリスクはない
  • 常に良い求人が出ているとは限らない
  • アドバイザーとの信頼関係が作れる
  • 焦らずじっくり転職活動ができる
  • いざという時の準備になる

転職活動は準備が大切であり、本当に転職をしたいと思ってから開始するのでは遅すぎます。

自分自身は転職するつもりがなくても、会社の業績が傾いて転職せざるを得ない状況になる場合もあるでしょう。

万が一の時に転職活動をして準備をしていた人と、準備をしていなかった人で結果が違うのは明らかです。

転職活動をするなら転職エージェントの利用をおすすめします。

  • ネットに出ていない非公開求人の紹介
  • 職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日の日程調整
  • 給料などの条件交渉

これらを無料でやってくれますから、利用しないともったいないです。

どこの転職エージェントを使えば良いかは、3つの質問に答えるとあなたにあった転職エージェントを紹介できます。チェックしてみてはいかがでしょうか?

\完全無料!/

おすすめ転職エージェント

あなたの将来が良くなるよう、一歩踏み出して準備ができるようになることを願っています。ここまで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

斉藤くんの中の人(すぎやまじょうじ)

新社会人として一部上場の商社に入社し25歳の時に畑違いであるIT業界の中小企業へ転職。その後同じ業種で人生2回目の転職をして同じ仕事ながら年収100万円アップ。今は会社の仕事は半分にしてもらい、もう半分はフリーランスとして働いて安定と自由をバランスよく得ています。パロディマンガ「ブラック職場によろしく」で転職と副業の大切さを発信しています。

-転職ノウハウ

スキルに自信がなく将来が不安なら
手に職をつけよう!
スキルに自信がなく将来が不安なら
手に職をつけよう!