仕事を休みたいのに休めない!辞めたいと思う前に休めるようになる4つの対処法

  • もっとのんびり仕事がしたい……
  • 給料はそこそこでいいから休みが欲しい……
  • いつも仕事のことが頭から離れない……

ありますよね。

もう仕事なんて辞めたいと思うくらい悩んでいると思うんですが、まずはなんとか休みを取れるようにしてみませんか?会社を辞めるのはいつでもできます。

斉藤

そうは言っても現実的になかなか休みが取れないんです……

その気持ちわかります。でも休みたいのに休みが取れないのはこう思っているからかもしれませんよ。

  • 休んだらまわりに迷惑がかかる
  • 休んだら会社にいづらくなる
  • 簡単に転職もできないし……

その気持ちもすごくわかるんですが、もっと大切なことを思い出してほしいです。

そもそも仕事を辞めたいと思うと言うことは、今の会社の仕事があっていないのが原因かもしれませんよ。本来、仕事は人に価値を提供して喜んでもらうことなんですから。

 

この記事を書いている人

  • 過去に2回の転職を経験
  • 現在は半分サラリーマンで半分フリーランス
  • 完全在宅の仕事でストレスフリー

私も新入社員で入社した会社で、繁忙期には土日も働いて代休も取っていませんでした。今考えるとおかしいのですが、当時はそういうもんだと思ってしまってたんですね……

その後転職した会社では、体調不良はもちろんのこと私用で休みを取ることも当たり前です。

この記事でわかること

  • 仕事が休めないのがおかしい理由
  • 仕事が休めるようになる方法
  • 仕事が休めない職場はやめた方が良い理由

断言しますが、仕事が休みにくいではなく、本当に仕事が休めない職場はヤバいです。代わりがいないということですから、体制も考えも何もかもが間違っています。

この記事を読めば、辞めたいと思って暗くなっていた気持ちが楽になるはずです。

仕事を休むなんて絶対できないと悩んでいる あなたにこそ読んでほしい記事です

赤城

 

仕事を代わってもらうことはできても人生を代わってもらうことはできない

自分の人生を自分以上に真剣に生きてくれる人はいない

 

まず最初に、もっとも大切なことをお伝えさせてください。

それは「仕事を代わってもらうことはできても、人生を代わってもらうことはできない」ということです。

この大前提を考えた時に、本当に休めない仕事というのはあるでしょうか?

絶対にないとは言いません(休むと人が死ぬとか)が、そんなことは滅多にないですよね。

逆に、人が死ぬような仕事なのに代わりがいないってヤバいと思わねぇ?

出久根
斉藤

たしかに……

 

仕事に使命感を持って働くことは素晴らしいことであり、尊敬されるべきことです。ですが もっと自分を大切に、そして真剣に人生を送ってほしいと思っています。

だって、「自分の人生を自分以上に真剣に生きてくれる人はいない」ですからね。

 

休めないことが理由で安易に会社を辞めてはいけない

忙しすぎて休めないときこそ冷静に

 

もしかすると、もう辞めたい!と悩んでいるかもしれませんね。ですが、休みが取れないからと安易に会社を辞めるのはちょっと待ってください。

なぜなら、辞めてから転職活動をすると不利になってしまいますし、転職の軸が決まっていないと今後のキャリア形成ができないからです。

すでに会社を辞めてしまっている状態だと、転職希望先の人事担当に「もう会社辞めてるし焦ってるだろうな。」と足元を見られてしまいます。

今すぐにでも会社を辞めたいんだ!という人は、まずは転職の軸を作ってから冷静に判断してくださいね。やり方がわからない方は「転職の軸の作り方」を読んでみてください。

 

仕事が休めないのは労働基準法に反するのでおかしい

有給休暇は法律で認められている

 

仕事を休めないなんてことはありません。仕事が休めないのは法律違反なのでそもそもおかしいのです。

2019年4月から、「年5日の年次有給休暇の確実な取得」が義務付けられていて、休む日も会社側は原則拒否できません。

年次有給休暇は、労働者が請求する時季に与えることとされていますので、労働者が具体的な月日を指定した場合には、以下の「時季変更権(※)」による場合を除き、その日に年次有給休暇を与える必要があります。

(※)時季変更権
使用者は、労働者から年次有給休暇を請求された時季に、年次有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合(同一期間に多数の労働者が休暇を希望したため、その全員に休暇を付与し難い場合等)には、他の時季に年次有給休暇の時季を変更することができます。

厚生労働省 年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説

 

有給休暇は労働者の権利…ではなく会社が取らせる義務です。

本当に休みを取らせてくれないブラック企業なら転職も検討してください。

 

斉藤

いや、そういうわけでもないんだけど休みって取りづらいんだよな……

まぁ、そういうヤツは多いだろうな

出久根

そんな斉藤くんに、休みが取れる方法を教えるね

赤城

 

 

休みを取れるようになる4つの方法

休みを取れるようになる3つの方法

 

休みが取れない人は、真面目で頑張り屋の人が多い印象です。

不真面目になれなんて言うつもりはありませんが、次にご紹介する4つを実行すれば必ず休みはとれます

休めるようになる方法

  1. 休めないという考えを変える
  2. ストレートに有給休暇をとる
  3. 仮病を使う
  4. 親戚に死んでもらう(仮)

でも、3番の仮病まではギリギリセーフだとしても、4番の親戚に死んでもらう(仮)までしないと休めないような会社なら辞めた方が良いと思いますね……まともな会社なら、有給休暇を使えば休めますから。

 

休めないという考えを変える

仕事を休めないなんてことはない

 

繰り返しですが、仕事が休めないというのは本来おかしいんです。異常なんです。

有給休暇の取得は労働基準法で定められています。会社は法律を守るのは当然のことだと思いませんか?

体調不良で休めるのはもちろんのこと、何か私用があって休むのだって問題ありません。

まず「仕事を休めないのはおかしい」という考え方を持ってくださいね。

 

ストレートに有給休暇をとる

有給休暇をとれば仕事は休める

 

仕事を休むには有給休暇をとるのが一番です。繰り返しですが、これは法律で認められています。

後ほど詳しく解説しますが、自分にしかできない仕事というのはありません。有給休暇を取得しましょう。

 

斉藤

言っていることはわかるんだけど、有給取るって言いにくいだよな……

口頭で言いにくいなら、メールやチャットで伝えてみろよ

出久根
斉藤

口頭で伝えなくて怒られないかな?

メールやチャットで伝えてから口頭で伝えに行けばOKだよ

もう伝わっていると思うと、言い出しやすいから

赤城
斉藤

でも、なんか言われそうでちょっと……

じゃあ仮病でも使ったら?

赤城

 

仮病を使う

休めないなら仮病もやむなし

有給休暇を申請しても休みを取らせてくれないなら仮病を使いましょう。

正直、仮病まで使わないと休めない会社なら辞めた方が良いとも思いますが、辞めるほどではないんだけどちょっとだけ休みたい時は仮病を使うのもありです。

仮病を使う時は1日で治るものにしてください。

「頭痛」がもっともおすすめです。頭が痛いかどうかは、他人にはわかりませんからね。風邪は一日で治りにくいのでNGですよ。

どうしても外せない用事があるとか、休まないと体と精神が持たないという場合は仮病を使ってください。

……まぁ、体と精神が持たなそうって時点で、仮病ではなく本当に具合が悪いんじゃないかと思いますけど……休んでくださいね。

 

親戚に死んでもらう(仮)

ここまでしないと休めないのか……

仮病でも休めないなら最終手段。親戚のおじさんかおばさんあたりに亡くなってもらってください。もちろん、◯しちゃダメですよ。ウソで亡くなってもらうんです。

ただし、ウソをついたらその後もウソを突き通す必要があるので、これはこれで辛い面があります。慣れた上司だと、こちらが油断してきた1週間後くらいに「そういえば、この前のおばさんご愁傷様でした。」なんて言って反応を見てきたりしますからね。

ウソをつくにも覚悟がいるんです。

いや本当に、ここまでしないと休めないくらいなら会社が合っていないですよ……

 

休むのに苦労するなら転職活動をした方が良い

転職活動をすると自信を持って休めるようになる

 

いろいろと休みを取る方法をご紹介しましたが、正直休むのに苦労している時点で転職活動をした方が良いです。普通の会社なら苦労せずに休めますから。

あ、転職じゃないですよ、まず転職活動をしてください。

転職活動をすると、仕事を休みやすくなります。なぜかと言うと、会社を休めないと思うのは今の会社しか働くことができないと思い込んでしまっているからです。

転職活動をしてみると多くの求人情報に触れられて、見ている世界が狭かったんだなと気づけるでしょう。

 

もし仕事を休んだことが理由で会社にいづらくなると思っていた場合どう?

別の会社でも働けると思ったら?

赤城
斉藤

うーん、なんか休める気がします

その前に、有給休暇が取りにくいのは「職場の人間関係がうまくいっていないから」って可能性もあるぞ

出久根

関係が良ければ気兼ねなく有給休暇を取得できるはずです。人間関係が悪いと感じているなら「人間関係で会社を辞めたいと思った時にできる5つの対処法」を読んでみてくださいね。

 

そもそも「辞めたい」とまで思うのは、今の仕事があっていない可能性が高いです。その確認をしてみてはどうでしょうか?

転職活動は実際に転職をしなくても構いません。転職活動をして選択肢を広げておけば、会社を辞めさせられたり、人間関係が悪くなったりしたらどうしようという不安がなくなります。

転職にリスクはあっても転職活動はノーリスクですから、人生の選択肢を広げておきましょう。

関連記事転職はリスクでも転職活動はノーリスク!20代30代でもすぐにはじめるべき理由

 

転職活動をするなら、転職エージェントへの登録がおすすめです。

休みが取れないくらいしんどいあなたに代わって、転職エージェントのアドバイザーが求人情報や、転職についての情報を集めてくれます。

無料で利用できますし、今後のキャリアについても相談ができますよ。

どこに登録すればいいかはこれ

とにかく「どの転職エージェントを使えば良いんだ!」という方は、以下の登録をおすすめします。いずれも無料で利用可能です。


マイナビエージェントロゴ

ここがポイント

無期限サポートでじっくり転職活動

【公式】 https://mynavi-agent.jp/

求職者に寄り添った親切なサポートが魅力。無期限サポートなので今すぐの転職を考えていなくてもOKです。


dodaロゴ

ここがポイント

転職サイトも同時登録で幅が広がる

 【公式】 https://doda.jp/

 業界大手であり、同時に転職サイトへの登録も完了するので、給与や休日日数などの「業界の相場」を知るのに適しています。


ここがポイント

業界最大手で豊富な求人。

【公式】 https://www.r-agent.com/

業界最大手。非公開求人数も多く、アドバイザーの質も高いのでおすすめ。


転職エージェントの満足度は、担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性による部分が大きいです。

まずは マイナビエージェント doda を利用してみて、満足できなかったり転職活動に慣れてきたら リクルートエージェント を利用してみてくださいね。

 

関連記事転職エージェントは転職サイトや口コミサイトを連携させて主導権を握ろう

 

仕事を休みたいのに休めない理由

ここでは、仕事を休みたいのに休めない理由をひどい順にご紹介します。だんだんひどくなります。

休めない理由

  1. 休みが取りづらい社風
  2. 人が足りない
  3. 自分が休んだら仕事がまわらなくなる
  4. 長時間労働しているヤツがえらい風潮
  5. 休日出勤なんて当たり前
  6. 休みを取ると評価が落ちる
  7. 台風でも気合で出社
  8. 病気でも休みを取らせてくれない
  9. 忌引きでも休みを取らせてくれない

4番以降にあてはまる会社は辞めた方がいいですよ。

 

休みが取りづらい社風

たぶん、これが一番多い理由です。休みが取りづらい社風。

まともな会社なら有給休暇はキチンと取るように言ってきますし、休みを取ったからって文句を言われることはありません。

 

もしかすると、あなたが休みが取りづらいと勘違いしているだけかもしれません。

対処方法は、一度有休をとって休んでみることです。休んでみたら「なんだ、意外と大丈夫だな」と気付けますよ。

これで本当にその後の仕事に影響が出るようなら、その会社はまともではないので辞めましょう。すぐにでも転職活動することをおすすめします。

人が足りない

人手不足は会社の責任

これも多いはずです。

でも、人手不足だから仕事を休めないというのは会社の責任ですよ。あなたが頑張ることは本当に素晴らしいことですが、それに対して会社は何か返してくれますか

 

給料をもらうことは当然のことです。それ以外の保証や見返りはあるでしょうか?

あなたが頑張ることで会社が一生面倒を見てくれるなら別ですが、実際はそんなことありません。

会社の落ち度をあなたが身を削ってまで埋める必要なんてないんです。何も考えずに会社に貢献し続けるだけでは、自分の市場価値が落ちやすい40歳以降にリストラ対象になるかもしれません。

「会社員は安定している、フリーランスなんてやめとけ」なんて人もいますけど、その働き方はフリーランスよりも危ないですよ。

 

人手不足だから辞められないという人は「仕事を辞めたいけど人手不足で怖くて言えないのはヤバい理由と対処法」を読んでみてくださいね。

「自分しかできない仕事だから休めない」って本当?

自分しかできない仕事なんてない

 

残念ですが、これは勘違いの可能性が高いです。自分しかできない仕事だから休めないという話をききますがそれって本当でしょうか?

日本の総理大臣や、アメリカの大統領だって代わります。

ちょっと不謹慎だけど、もし斎藤くんに何かがあって会社に行けなくなったら会社は潰れる?

赤城
斉藤

いや……そんなことはないと思います

だから休んで良いんだよ

出久根

 

確かに休むとその分は誰かが働かないといけないのは事実です。つまり誰かが働ける。

そうです。仕事は代わってもらえますが、あなたの人生は誰も代わってくれません

もし本当に身体や精神を壊して急に長期休暇になるほうが会社としては困りますので、休みたいと思ったら休むようにしましょう。

 

長時間労働してるヤツがえらい風潮

ここからだんだんヒドさが増してきますね。

良くあるのが「残業してエラい!」みたいなヤツです。

いやいや、それってそいつの能力が足りないだけですから。もしくは、生活残業のために無駄に残業しているヤツですね。

使えないヤツを評価するような会社はヤバいです。気にせずとっとと帰って自己投資して、転職活動をして辞めるのが良いでしょう。

そんな会社に未来はないんで。

 

休日出勤なんて当たり前

休日出勤が当たり前になっている会社はヤバいです。一時的に繁忙期で休日出勤しないといけない時があるのは仕方ないと思います。

でも、休日出勤が当たり前になっているのは仕事のやり方がおかしいか、人手不足のどっちかですね。

つまり会社の問題。これは辞めることをおすすめします。

関連記事仕事を辞めたいけど人手不足で怖くて言えないのはヤバい理由と対処法

 

休みを取ると評価が落ちる

これもヒドい。

従業員をなんだと思っているんでしょうか?休みをとってしっかり体調と精神を整えて仕事で力を発揮してもらおうとは思わないんですかね?

休みの有無で評価するんじゃなくて、仕事の結果で評価しろって話です。プロなんですから。

こんな会社も辞めた方がいいですよ。

 

台風でも気合で出社

常識的な会社なら台風が来るとわかっていれば休みを取れるように調整します。

でも、ブラック体質な企業なら「出社してください」の無慈悲な通告です。

いや、まだ指示があるだけいいのかも。一番ずるいのは「状況を見て判断してください。」って丸投げする会社ですね。状況見ろって言ったって、電車が動いていないんだから休みますよ。で、その後「なんで来なかったの?」みたいな。

従業員を危険にさらしてまで出社させようとする会社はやめましょう。

 

病気でも休みを取らせてくれない

体調不良でも休ませてくれない会社はマジでヤバいです。いつか死にますよ。

熱が出てるのに休ませてくれないとか。ヒドいとインフルエンザになっても出社しろとか言う会社があるそうです。インフルエンザってなんだと思ってるの?出社させたらダメなんですよ。

やめましょう。すぐやめましょう。

 

忌引きでも休みを取らせてくれない

もう絶対辞めてください。もう人が死んでるんですよ。

こんな常識がない会社ならやめてOK。転職理由でも「忌引きでも休みをとらせてくれませんでした。」って言っていいです。

これが親戚が死んだとウソをついている場合でも辞めた方が良いです。本当に自分の親が死んだ時に休ませてくれないかもしれません。そんなの嫌じゃないですか。

 

体調不良はもちろん私用でも休めるのが当たり前

体調不良でも休めない会社はすぐ辞めるべき

 

本当に繰返しですみませんが、有給休暇は労働者に認められた権利です。「なんとなく休みたいな」と思ったら休んで良い、むしろ休むのが推奨されています。

休みにくい最大の原因は仕事が止まってしまう、つまり人手不足や代わりがいないからではないでしょうか?そして、「みんなが休まないから休みにくい」という同調圧力が休めないの原因になっていませんか?

断言しますが、これは会社や職場の問題です。個人でどうにかするものではないし、できるものではありません。

うちの会社はしっかり休みを取るように言われます。というか、それが普通です。休みが取りにくい雰囲気の会社は時代遅れなので将来性も疑問です。転職を考えて良いでしょう。

 

もし体調不良でも休めないようなら完全にブラック企業なのですぐに転職しましょう。もし生活防衛資金(半年から1年の生活防衛資金)が貯まっているのなら、すぐに退職してしまってもいいです。

そのまま続けていても、いつか身体や精神を壊すことになります。

 

退職してから転職活動でもいいし、とりあえず転職活動だけでもいいので、何かしらの行動を起こしてください。

取り返しがつかなくなる前にね

赤城

 

ストレスでうつになる前にできる対処方法

うつになってからでは遅い

 

ストレスがたまり、うつになってしまうと大変です。

うつになっても治ります(ただ時間はかかる)が、失われた若い時間は絶対に取り戻せません

そんなことになる前に、ストレスを軽減しましょう。

  • 散歩
  • ゲーム
  • 外食
  • おしゃべり
  • 筋トレ

どんなストレス発散方法でも構いません

 

ここでは「仕事の悩み」を軽減させるストレス解消方法に絞ってご紹介します。

 

ストレスを軽減させる方法

  • ストレス診断テストを受ける
  • 仕事の悩みを吐き出す
  • 転職エージェントに相談する

どれも手軽にできることなので、試してみてはいかがでしょうか。

 

ストレス診断テストを受ける

ストレス診断テストを受けてみる

 

手軽にできる対処法としてはストレス診断テストを受けることです。

ストレスの原因がなんなのかを客観的に把握しましょう。なぜストレスが溜まっているのかがわからないと余計にストレスが溜まってしまいます。

 

厚生労働省が提供している「5分でできる職場のストレスセルフチェック」を受けてみてください。

斉藤

手軽にできそうだから一度やってみようかな

 

仕事の悩みを吐き出す

仕事の悩みを相談する

 

人に話すだけで、気持ちが軽くなることは多々あります。

このとき、以下のような人には話さない方が良いです。

仕事の悩みを話さない方が良い人

  • 友人
  • 家族
  • 信頼できる同僚や上司
斉藤

え……?なんでダメなの?

友達や家族が真剣に聞いてくれるとは限らねーからな

愚痴や不満が嫌いな人だったらウザがられるぞ

出久根

それと、斎藤くんが会社の愚痴を知られたくない相手に聞かれちゃうかもよ?

赤城
斉藤

どういうことですか?

同僚や上司が信頼できても、その同僚や上司から誰か違う人に話をしてしまう可能性があるからだよ

赤城

あなたが信頼している相手が信頼している人は、あなたが信頼している人ではないから注意してください。

信頼している人にも仕事を辞めたいと相談しない方が良い理由

関連記事【条件付きならOK】仕事を辞めたい時は上司に相談するのはオススメしない

 

そういったことが心配な場合は、悩みを相談できる窓口を利用してください。

適切なアドバイスがもらえるかどうかは人によりますが、少なくとも話を聞いてもらえるのでストレス発散にはなります。

 

根本的に話をして解決したいなら、次に紹介する転職エージェントに話を聞いてもらうのがおすすめです。

 

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談する

 

転職エージェントは現状の不満や悩みも聞いてくれます。会社や同僚にバレる心配がないのでおすすめです。

あなたの適正や性格にあった求人情報も紹介してくれるので利用しないと損ですよ。 

転職すれば全ての悩みが解決するわけではありませんが、転職は人生を豊かにする大きな武器なので活用しましょう。

ただし、ただ単に会社の不満をネガティブに伝えるのでは転職エージェントも積極的に良い求人を紹介はしてくれません。

転職エージェントは企業から人材紹介料として報酬をもらうビジネスモデル。いわば、求職者は「商品」なのです。ちょっと言葉は悪いですけどね。

その商品がネガティブ発言が多くマイナス思考だったらどうでしょうか?企業に紹介したいとは思わないはずです。

辞めたいと思う気持ちをきっかけにするのはOKですが、辞めたいと思う原因を改善して前向きに転職活動をする姿勢を見せてくださいね。そうすれば、転職エージェントのアドバイザーも、あなたを「積極的に売り出したい魅力的な商品」と思ってくれるはずですよ。

ネガティブな気持ちを原動力にアドバイザーと信頼圏系を構築してくださいね。

関連記事【不安解消】転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけない5つのこと

 

転職活動は本当に辞めたいと思う前に始めるべき

転職をして良いかどうかの判断基準

 

転職はリスクでも転職活動はノーリスクです。無料で利用できますから、一度転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

 

もちろん、そこで実際に良い求人が見つかれば転職すればOK。転職する時には残った有給休暇を取得できますし、たまっていた休みを一気に使えますよ!

 

どこに転職エージェントに登録したら良いか迷う人は マイナビエージェント doda への登録してみましょう。

 

マイナビエージェント はアドバイザーが親切丁寧と評判です。転職サポート期限もないので、じっくりと転職活動をするのに最適です。

doda は求人が多く、同時に転職サイトへの登録も完了するのでおすすめしています。

 

マイナビエージェント はおすすめですが、対象地域が関東・関西・東海と絞られていて、20代以降の転職にはあまり強くないのが弱点です。

マイナビエージェント を使ってみて、イマイチなら リクルートエージェント を使ってみると良いでしょう。

転職エージェントの善し悪しは担当者との相性によるところが大きいので、まずは2社登録して相性の良いエージェントをメインに転職活動をすすめと良いです。

 

あわせて、転職サイトや口コミサイトを連携させて転職の成功率をアップさせてくださいね。

関連記事【厳選】おすすめ転職エージェント|転職サイトや口コミを連携させ主導権を握ろう

その他にどんな転職エージェントがあるか知りたいなら、「【目的別】おすすめ転職エージェント一覧【組み合わせの例も紹介】」を読んでみてください。

 

まとめ:仕事が休めないのはおかしい!体を壊して辞める前にしっかり休みを取ろう

仕事が休めないのはおかしい

 

仕事が休めないのはそもそもおかしいです。法律で認められている有給休暇を取得しましょう。

 

休みが取れない人は次の3つを実施してみてください。

休めるようになる方法

  • 休めないという考えを変える
  • ストレートに有給休暇をとる
  • 転職活動をする

 

有給休暇が取得しにくい職場なら環境を変えてしまうのもありです。

あなたの仕事を代わりにやってくれる人はいますが、あなたの人生を代わりに生きてくれる人は誰一人としていません。

本当に大切なことはなんなのかをもう一度思い出してくださいね。体や精神を壊す前に、休んだり誰かに相談したりするようにしてください。

家族や友人、信頼できる上司に相談しても良いのですが、転職エージェントへの相談をおすすめします。

会社や知られたくない人にバレる心配がなく、仕事の悩みを相談できるプロだからです。

 

転職活動はいざ転職したいと思ってから始めるのでは遅いので、まだ仕事を続けられる余裕があるうちに始めることをおすすめします。

転職は若い方が有利になるのは間違いありません。手遅れにならないうちに転職活動を始めてくださいね。

 

心に余裕ができて、ゆっくりと休みが取れるようになることを願っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。

どこに登録すればいいかはこれ

とにかく「どの転職エージェントを使えば良いんだ!」という方は、以下の登録をおすすめします。いずれも無料で利用可能です。


マイナビエージェントロゴ

ここがポイント

無期限サポートでじっくり転職活動

【公式】 https://mynavi-agent.jp/

求職者に寄り添った親切なサポートが魅力。無期限サポートなので今すぐの転職を考えていなくてもOKです。


dodaロゴ

ここがポイント

転職サイトも同時登録で幅が広がる

 【公式】 https://doda.jp/

 業界大手であり、同時に転職サイトへの登録も完了するので、給与や休日日数などの「業界の相場」を知るのに適しています。


ここがポイント

業界最大手で豊富な求人。

【公式】 https://www.r-agent.com/

業界最大手。非公開求人数も多く、アドバイザーの質も高いのでおすすめ。


転職エージェントの満足度は、担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性による部分が大きいです。

まずは マイナビエージェント doda を利用してみて、満足できなかったり転職活動に慣れてきたら リクルートエージェント を利用してみてくださいね。

 

関連記事転職エージェントは転職サイトや口コミサイトを連携させて主導権を握ろう

  • この記事を書いた人

斉藤くんの中の人

新社会人として一部上場の商社に入社し25歳の時に畑違いであるIT業界の中小企業へ転職。その後同じ業種で人生2回目の転職をして同じ仕事ながら年収100万円アップ。今は会社の仕事は半分にしてもらい、もう半分はフリーランスとして働いて安定と自由をバランスよく得ています。パロディマンガ「ブラック職場によろしく」で転職と副業の大切さを発信しています。

-会社をやめたい