仕事を辞めさせてくれない!よくある事例と退職できる方法をご紹介

勇気を出して会社に退職を伝えたのに、仕事を辞めさせてくれないと悩んではいませんか?

実は、仕事を辞められないということは絶対にありません

なぜなら、退職の意思を伝えたのに会社が辞めさせてくれないのは法律違反だからです。

 

この記事でわかること

  • 絶対に会社を辞められる理由
  • よくある辞められない事例と対処方法
  • 辞める前にやっておくべきことと注意点

 

もしかすると、辞めさせてくれない原因は退職の準備ができていないから自信がないのかもしれませんよ。

この記事を読めば、安心して、そして自信を持って会社を辞められます

 

会社を辞めたいのに辞められないという人は、ぜひ参考にしてください。

 

大前提として2週間前に退職の意思を伝えれば辞められる

会社は絶対に辞められる

 

会社には退職の意思を2週間前までに伝えればやめられます。

斉藤

就業規則で3か月前までにとか決められていたらどうなりますか?

それでも辞められるよ

法律(民法第627条)でそう決まっていて、法律の方が優先されるから

赤城

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

第八節 雇用 第六百二十七条

 

ただし、現実的には引き継ぎや退職の準備を考えると2週間では時間が足りません。

ですので、1か月前には会社に退職の意思を伝えましょう。1か月前なら十分に配慮をした期間と言えるので、自信を持って伝えてください。

 

よくある辞めさせてくれない事例と対処法

仕事を辞めさせてくれない

 

法律で退職の自由が認められていることを前の章で説明をしました。

 

ただ、実際には会社が退職を認めてくれない場合もあります。

よくある辞められない事例は以下です。

 

辞められない理由

  • 話を聞いてくれない
  • 退職届を受け取ってくれない
  • 退職はしばらく待ってくれと言わた
  • 懲戒解雇にすると言われた
  • 損害賠償請求をすると言われた
  • 違約金を払えと言われた
  • 話を切り出しにくい

それぞれ対処方法について解説します。

 

話を聞いてくれない

直属の上司が話を聞いてくれない場合があります。

その場合は上司の上司や、別の上司に相談をしてください。

 

直属の上司だと、部下が辞めるのは自分の管理が甘かったせいだと言われるのを恐れて、辞めさせてくれないこともあるからです。

斉藤

直属の上司以外に相談しちゃって大丈夫ですかね?

一度伝えてちゃんと筋は通してるんだから、問題ないよ

赤城

 

それでもダメなら、退職代行を使っても良いでしょう。

関連記事退職代行を使うメリットは必ず退職できること

 

退職届を受け取ってくれない

話は聞いてくれるものの、退職届を受け取ってくれない場合もあります。

 

退職の意思は口頭で伝えても有効なのですが、後で言った言わないになると面倒です。

 

斉藤

受け取ってくれない時はどうしたらいいんだろう?

退職届を書いて内容証明郵便で送ればOKだよ

赤城

 

内容証明郵便は「いつ、どんな内容を送ったか?」を郵便局が証明してくれるサービスです。

内容証明で退職届を送れば、退職の意思を物理的に残せます。

 

ただし、内容証明郵便でも会社は受け取りを拒否されることもあります。
その場合は受け取り拒否をされた事実を持って、労働基準監督署に相談してください。

 

退職はしばらく待ってくれと言われた

退職するにしても、しばらく待ってくれと言われる場合もあります。

後任が育つまでとか、繁忙期が過ぎてからとかです。

 

数週間であれば状況によっては受け入れても良いでしょうが、1か月以上の要求は断りましょう。そこからズルズルと引き伸ばされる可能性もあります。

 

一番ダメなのは、内定をもらって転職が決まっているのに入社日をズラしてもらうような調整をすることです。

斉藤

いざそうなったら、今の会社に押し切られそう……

今の会社と転職先の会社、どっちが重要?

転職先の会社は、すぐにでも来てほしいと思っているはずだよ

赤城

あまりにも引き伸ばしすぎて、別の人が採用されてしまい内定が取り消された事例もあるので注意しましょう。

どうしても話を聞いてくれない場合は、退職代行を使うのも手だな

出久根

関連記事退職代行を使うメリットは必ず退職できること

 

懲戒解雇にすると言われた

結論から言うと心配ありません

ハッタリです。

こちらに何も問題がないのに懲戒解雇にすることなどできません。

無視して淡々と退職すればいいぞ

出久根
斉藤

もし言われる筋合いもないのに懲戒解雇されたらどうすれば……?

その場合は、労働基準監督署や弁護士に相談してね

赤城

 

損害賠償請求をすると言われた

これもハッタリです。

こちらに問題がないのに損害賠償請求はされません

言うだけタダだから脅してきてんだよ

冷静に退職手続き進めればOK

出久根
斉藤

もし本当に請求をされちゃったら?

弁護士に相談して

でも、会社も勝ち目がないのにそんなことは普通してこないよ

赤城

 

違約金を払えと言われた

心配する必要はありません。

 

もし就業規則に違約金の支払いが明記されていたとしても、合理的な理由がなければ無効です。

そもそも違約金を就業規則は労働基準法16条で禁止されているからね

赤城

つまり法律違反だから無視な

出久根
斉藤

もし給料から天引きされるなどの強行手段をとられたらどうすれば良いですか?

そんな時は労働基準監督署に相談して

赤城

 

話を切り出しにくい

これはいろいろなケースがあります。

  • 上司が高圧的
  • 自分の性格的に伝えづらい
  • 今は忙しそうだから言いにくい

アドバイスとしては「勇気を出して言ってください」です。

 

私も過去「言い出しにくいな……」と思ったことが退職に限らずたくさんあります。
ですが、どれも言ってみた結果大したことはなかったですし、言って本当に良かったなと思うことばかりです。
ぜひ勇気を出して言ってみてください。

 

それでもやっぱり難しい場合は退職代行を使いましょう。

退職代行は金がかかるから、話を切り出しにくいだけであれば、自分で言った方いいぞ

3万円ちょっと払う価値があると思うなら使っても良いけどよ

出久根
斉藤

一つの選択肢として考えておくのは良さそうだよね

もしハラスメントや嫌がらせを受けているなら話は別だからね

退職代行を使ってでも、すぐに辞めるべきだよ

赤城

関連記事退職代行を使うメリットは自分で言う必要がないこと

 

辞める前にやっておくべきこと

辞めるためには準備を

 

退職が希望なら退職の意思をしっかりと伝えることが重要です。

でも、もしかすると退職前にやるべきことをやっていないから、不安で退職の意思を伝えきれていないのかもしれません。

ここでは、会社を辞める前にやっておくべきことをご紹介します。

 

退職前にやっておくこと

  • 就業規則を確認する
  • 残っている有給休暇の日数を確認する
  • 退職届を書く
  • 私物を回収しておく
  • 引き継ぎの準備をしておく
  • 転職先を決めておく

会社に何かを言われても、準備ができていれば自信を持って退職すると伝えられるでしょう。

 

就業規則を確認する

辞める前に就業規則を確認しましょう。

退職の意思を伝えて、会社から何か言われるのではないかと不安はありませんか?

 

就業規則に書いていない内容なら無視していいからな

出久根
斉藤

内容を知っておくのは大事だね

不利な条件で退職しないように、内容を確認しておきましょう。

 

残っている有給休暇の日数を確認する

有給休暇の残日数を確認してください。

有給休暇を使って給料をもらいながら休むためです。

有給休暇を認めてもらえないのは法律違反なので堂々と主張しましょう。

 

もしそれがどうしても難しいなら退職代行を使ってもOKです。

時間をお金で買うイメージですね。

関連記事退職代行を使うメリットは有給休暇を取得できること

 

退職届を書く

退職を決めたら退職届を書きましょう。

退職の意思をハッキリと示し、自分の意思を固くするためです。

書く時は、退職願じゃなくて退職届けな

出久根
斉藤

退職願と退職届違うの?

退職願では会社に却下される可能性があるよ

退職届なら却下されないよ

赤城

 

私物を回収しておく

会社のロッカーやデスクにある私物はなるべく先に回収しておいてください。

一度にやると大変ですし、回収を始めると退職の意思も固くなります。

会社も私物回収してるの見たら諦めるかもしれないしな

出久根

私物を残して退職すると、会社や同僚に迷惑がかかるから対応しておいてね

赤城
斉藤

立つ鳥跡を濁さずってやつですね

 

引き継ぎの準備をしておく

退職するなら引き継ぎの準備をしておきましょう。

斉藤

やっぱり引き継ぎは義務ですかね?

義務じゃないけど、最低限のマナーとして対応しておくべきだよ

赤城

資料にまとめておけば「資料を見てください」と言って無駄な出社も断れるしな

出久根

相手のためにも、自分を守るためにも準備しましょう。

 

転職先を決めておく

退社前に転職先を決めておくことは重要です。

転職先が決まっていない状態で退職すると、焦って転職先を決めてしまい条件の悪い会社に入ってしまう恐れがあります。

 

斉藤

それはあるかも……

もしまだ転職先が決まっていないのに退職したいなら、一回冷静になった方が良いだろうな

出久根

もし転職活動が始められていないなら、転職エージェントに登録だけでもしてみた方がいいね

転職エージェントに相談をしてみたら、実は今の会社が合っているのかもと思うこともあるし

赤城

 

転職エージェントに紹介してもらった求人が良さそうなら面接を受けても構いません。

無料で利用できて選択肢が広がるので使わない手はないでしょう。ぜひ利用してください。

どこに転職エージェントに登録したら良いか迷う人は マイナビエージェント doda への登録してみましょう。

 

マイナビエージェント はアドバイザーが親切丁寧と評判です。転職サポート期限もないので、じっくりと転職活動をするのに最適です。

doda は求人が多く、同時に転職サイトへの登録も完了するのでおすすめしています。

 

マイナビエージェント はおすすめですが、対象地域が関東・関西・東海と絞られていて、20代以降の転職にはあまり強くないのが弱点です。

マイナビエージェント を使ってみて、イマイチなら リクルートエージェント を使ってみると良いでしょう。

転職エージェントの善し悪しは担当者との相性によるところが大きいので、まずは2社登録して相性の良いエージェントをメインに転職活動をすすめと良いです。

 

あわせて、転職サイトや口コミサイトを連携させて転職の成功率をアップさせてくださいね。

関連記事【厳選】おすすめ転職エージェント|転職サイトや口コミを連携させ主導権を握ろう

その他にどんな転職エージェントがあるか知りたいなら、「【目的別】おすすめ転職エージェント一覧【組み合わせの例も紹介】」を読んでみてください。

 

ただしハラスメントを受けているとか、ブラック企業で体や精神を壊しそうと言うなら話は別です。

今すぐにでも退職をおすすめします。壊れてからでは遅いです。

退職できないような状況に追い込まれているなら、退職代行の利用も考えてください。

 

辞める前に知っておくべき注意点

辞める前の注意点

 

退職は労働者に認められた権利なので、退職できないことはありません。

ただし何をしても良いわけではありませんし、退職時に注意するべきこともあります。

ここでは、辞める前に知っておくべきことについてご紹介します。

 

退職時の注意点

  • 顧客情報を持ち出してはいけない
  • 競業避止義務に同意しない
  • 転職先が決まっていない場合は社会保険の対処が必要

自分が不利な状況にならないよう注意してください。

 

顧客情報を持ち出してはいけない

退職するなら顧客情報を持ち出さないように注意しましょう。

故意で持ち出すのはもちろんNGですが、うっかり持ち出してしまうことがないように注意してください。

  • 私用のアドレス帳に登録してしまっている連絡先
  • 私用スマホで撮ってしまった写真
  • 取引先の名刺

後で指摘されないようにしましょう。

 

競業避止義務に同意しない

競業避止義務とは、競合他社への転職や独立を禁止するものです。

ですが、日本では法律で「職業選択の自由」が認められているため転職先が同業でも心配はないです。

 

退職の手続きで「競業避止義務」の制約にサインをするよう求められる場合があります。

競業避止義務が書いてある書類のサインは拒否な

出久根
斉藤

もしサインしちゃったらどうなるの……?

ハッキリ言って効力はないから無視で大丈夫

でも、会社はそれを理由に脅してくる可能性もあるからね

赤城

面倒ごとは避けるのが無難です。サインを断りにくい場合は退職代行サービスを使うのもありです。

 

転職先が決まっていない場合は社会保険の対処が必要

転職先が決まっていない場合は先に決めた方が良いですが、場合によっては先に退職することもあると思います。

その場合は、社会保険の対応が必要になるので注意してください。

  • 失業保険
  • 健康保険
  • 年金の支払い
  • 住民税の切り替え

これらは面倒ですが、対処しないと損をするので対応しましょう。

 

どうしても辞められない場合は退職代行の利用も検討するべき

退職代行が恥ずかしいなんて時代遅れ

 

記事中でも何度か触れてきたように、会社をどうしても辞められない場合は退職代行の利用も検討してください。

3万円ほど費用はかかってしまいますが、精神的にラクですし費用以上の価値があると思う場合には利用価値があります。

 

ただし、どの退職代行でも対応が同じではないので注意してください。

退職代行サービスによっては、退職の意思を伝えるだけで会社と交渉できないところもあるからね

赤城
斉藤

そうなの?

辞めたいのに辞められないってことは、会社と交渉が必要な状況だからな

出久根

交渉ができる組合が運営する退職代行か、弁護士が運営する退職代行を利用するようにしてください。

 

まとめ:仕事辞めさせてくれないのは違法!退職の準備をして自信を持とう

仕事を辞めさせてくれない場合は準備を整えよう

 

仕事を辞めたいのに辞めさせてくれない場合にどうしたら良いかについてご紹介してきました。

大原則として、会社には2週間に退職の意思を伝えれば辞められると法律で認められています。
引き継ぎや退職の準備を考えても、退職の1か月前には伝えておけば常識的な対応なので、自信を持って退職を伝えれば良いです。

 

会社から損害賠償請求や違約金の請求をすると言われても、こちらに問題がない場合は気にする必要がないので無視してください。

もし、本当に損害賠償請求などを受けた場合は弁護士に相談しましょう。

自分からどうしても言い出しにくかったり、会社とトラブルになりそうな場合は退職代行を使うのも有効です。

その場合は、会社とも交渉ができる労働組合か弁護士がやっている退職代行サービスを利用してください。

 

会社が辞めさせてくれないと悩んでいる原因は、退職に向けて準備ができていないから自信がないのかもしれません。

退職前にやっておくべきことは以下です。

 

退職前にやっておくこと

  • 就業規則を確認する
  • 残っている有給休暇の日数を確認する
  • 退職届を書く
  • 私物を回収しておく
  • 引き継ぎの準備をしておく
  • 転職先を決めておく

これらを準備し、自信を持って退職の意思を伝えましょう。

 

もし、まだ次の転職先を決めていないのであれば、辞めたい気持ちをグッと押さえて転職活動をすることをおすすめします。

転職先が決まっていない状態で会社を辞めてしまうと就職に焦ってしまい、条件の悪い求人で妥協してしまう可能性もあるからです。

 

転職活動をどう進めれば良いかわからない場合は、まずは転職エージェントに登録してアドバイザーの面談だけでも受けてみてください。

アドバイザーと面談することで、今の会社に対する不満や不安が明確になり、この先どう進めば良いかわかりやすくなるからです。

もしかすると、悩みが明確になることで今の会社を続けた方がいいかもと思うかもしれませんよ。

 

転職にはリスクがありますが、転職活動自体はノーリスクです。

関連記事転職はリスクでも転職活動はノーリスク!20代30代でもすぐにはじめるべき理由

 

もし、転職先が決まっていない状態で会社が辞めさせてくれないなら、貴重な準備期間だと思って転職活動をやってみてください。

退職はいつでもできます。焦らずに、自分の人生に一番良い選択を一番良いタイミングでするのが重要です。

  

一番良いタイミングで退職するには、転職の準備をしておかないといけません。

まだ転職活動をしていない場合は、 リクルートエージェント doda へ登録して、転職活動をスタートさせてください。

どちらも大手なので、求人数も多くアドバイザーの質も一定のレベルで担保されます。

無料で利用できますから、まずは登録して相談してみてはどうでしょうか。

  • この記事を書いた人

斉藤くんの中の人

新社会人として一部上場の商社に入社し25歳の時に畑違いであるIT業界の中小企業へ転職。その後同じ業種で人生2回目の転職をして同じ仕事ながら年収100万円アップ。今は会社の仕事は半分にしてもらい、もう半分はフリーランスとして働いて安定と自由をバランスよく得ています。パロディマンガ「ブラック職場によろしく」で転職と副業の大切さを発信しています。

-会社をやめたい