どちらを利用するべき?転職エージェントと転職サイトの違いを解説

斉藤

転職エージェントと転職サイトって似てるけど、どう違うんだろう?

理解しておかないと転職活動をうまく進められないよ

赤城

転職エージェントと転職サイトを利用するために、転職サービスについて調べまくった私が違いについてご説明します!

 

この記事でわかること

  • 転職エージェントと転職サイトの違い
  • どちらを使うべきか
  • 実際にどちらを使って転職している人が多いのか

 

この記事を読めば どちらを使うか迷いがなくなり、さらに転職の成功率が大幅にアップします!

結論を言うと、転職エージェントと転職サイトは両方利用するのが正解です。

理由について詳しく解説しますね!

 

転職エージェントと転職サイトの一番の違いは?

転職エージェントと転職サイトの違い

 

転職エージェントと転職サイトの一番の違いはサポートの有無です。

転職エージェントはアドバイザーがついてくれて転職のサポートをしてくれます

 

一方の転職サイトは自分で転職活動を進めなければなりません。

どちらも目的は転職で似てるけど、内容は全然違うから覚えておいてね

赤城

 

転職エージェントとは

転職エージェントとは、アドバイザーが担当についてくれて転職のサポートをしてくれるサービスです。

ネットには出ていない非公開の求人を紹介や、書類の添削、面接の対策などをしてくれます。

しかも企業からの紹介料で利益をあげているため、転職希望者は無料で利用できるありがたいサービスです。

参考記事:なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?理由を仕組みから理解する

 

斉藤

助かりますね

さらに、求人を出している企業は少数精鋭で質のいい人材を求めている傾向があるから良い転職ができる可能性も高いよ

赤城

今の転職活動ではメインになるから、ここは外せねーな

出久根

 

転職サイトとは

転職サイトは、企業が出している求人を探すことができるポータルサイトです。

基本的には自分から仕事を探していかないと転職活動は動きません。

斉藤

自分のペースで転職活動をしたい人や、業界の傾向や年収の相場を調べるために役立ちそうですね

求人を出している企業は大量採用を求めている傾向が強いよ

赤城

転職エージェントサービスと合わせて利用するべきサービスだな

出久根

 

【結論】両方利用するのが一番いい

転職エージェントと転職サイトの一番の違いはサポートの有無

 

違いを知りたいあなたはきっと「どちらを使えば良いの?」と思われていることでしょう。

結論を言ってしまうと両方利用してください。

なぜなら、転職エージェントと転職サイトの両方を連携させると転職の成功率が上がるからです。

転職エージェントに求人を紹介してもらいつつ、転職サイトで業界の年収や待遇の相場を調べます。

 

斉藤

両方使うのか

そもそも「どっちを使えばよかったか」なんて、比較することが無理だろ

出久根

1回の転職で、転職サイトと転職エージェントの両方から入社はできないからね

赤城

人生で複数回転職をしていて、どちらのサービスも利用したことがある人もいるとは思います。
年齢もスキルも経歴も、もちろん転職先も違うので単純な比較は絶対にできません。ですので併用するのが最も効果的です。

 

とはいえ、具体的にどう併用すれば良いのかわからないと思うので、下記記事を参考にしてうまく使いこなしてください。

参考記事:転職エージェントは転職サイトや口コミサイトを連携させて主導権を握ろう

 

転職エージェントと転職サイトの比較

転職エージェントと転職サイトの比較

 

転職エージェントと転職サイトの違いを一覧でまとめました。

サービス転職エージェント
転職サイト
手軽さ相談だけでもOK自分で求人を探す
客観的なアドバイスアドバイザーからもらえるサイトの情報のみ
求人数非公開求人もある一括で見られる
未経験業界への応募紹介する求人がないと言われることも希望すれば応募は可能
面接対策アドバイザーにしてもらえるサイトの情報のみ
採用率の高さ採用担当者との繋がりあり自分次第
おすすめサービス1 マイナビエージェント doda
おすすめサービス2 doda リクナビNEXT

転職エージェントをメインとして転職活動するのがおすすめです。

とは言え、転職エージェントにもメリットデメリットがあるので頭に入れておくと良いでしょう。

関連記事転職エージェントとは利用するメリットデメリットや正しい使い方を紹介します!

 

転職エージェントと転職サイト、どちらが良いとか悪いとかいうわけではないので、特徴を理解してうまく使いこなすことが重要です。うまく使いこなすには「転職エージェントは転職サイトや口コミサイトを連携させて主導権を握ろう」を読んでみてくださいね。

 

転職エージェントと転職サイト、応募した企業に入社した?

転職エージェントと転職サイトどちらが使われている?

 

マイナビが2017年に行った調査では、転職サイトを利用して転職した人が全体の49%。

転職エージェントを利用して転職した人は27%でした。

斉藤

じゃあ、転職サイトから応募した方がいいのかな?

そう判断するのはちょっと早いぜ

出久根

転職エージェントより転職サイトの方が気軽で、就活の時に使っていた経験から安心感があって使いやすいことも影響しているよ

赤城

さらに、転職サイトに出ている求人は大量採用を目的としている場合が多いです。
一方転職エージェントの求人は、少数精鋭の採用を目的としている傾向にあります。
転職サイトから採用される人が多くなるのは自然な傾向と言えるでしょう。

 

逆に、転職エージェントから応募する人はまだ少数派なので利用するだけでも有利に転職活動を進められるとも言えます。

応募書類の添削や面接の対策もしてくれるし、無料で利用できるんですから使わない手はないですね。

 

どこに登録すればいいかはこれ

とにかく「どの転職エージェントを使えば良いんだ!」という方は、以下の登録をおすすめします。いずれも無料で利用可能です。


マイナビエージェントロゴ

ここがポイント

無期限サポートでじっくり転職活動

【公式】 https://mynavi-agent.jp/

求職者に寄り添った親切なサポートが魅力。無期限サポートなので今すぐの転職を考えていなくてもOKです。


dodaロゴ

ここがポイント

転職サイトも同時登録で幅が広がる

 【公式】 https://doda.jp/

 業界大手であり、同時に転職サイトへの登録も完了するので、給与や休日日数などの「業界の相場」を知るのに適しています。


ここがポイント

業界最大手で豊富な求人。

【公式】 https://www.r-agent.com/

業界最大手。非公開求人数も多く、アドバイザーの質も高いのでおすすめ。


転職エージェントの満足度は、担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性による部分が大きいです。

まずは マイナビエージェント doda を利用してみて、満足できなかったり転職活動に慣れてきたら リクルートエージェント を利用してみてくださいね。

 

関連記事転職エージェントは転職サイトや口コミサイトを連携させて主導権を握ろう

 

転職エージェントと転職サイトそれぞれの特徴

転職エージェントと転職サイトそれぞれの特徴

 

転職エージェントと転職サイト、それぞれの特徴についてご紹介します。

 

転職エージェントの特徴

転職エージェントはこんな特徴があります。

  • 転職活動が挫折しにくい
  • 客観的なアドバスがもらえる
  • 忙しいあなたの時間を増やしてくれる
  • 採用率がアップする
斉藤

採用率がアップするんですか?

アドバイザーが企業の採用担当者と連携していて、アピールするべきポイントを教えてくれるからね

赤城

書類の添削も、面接の対策もしてくれるしな

出久根

これは、転職エージェントならではのメリットです。転職活動のメインとして使いましょう。

 

転職サイトの特徴

転職サイトの特徴にはこんな特徴があります。

  • 自分のペースで転職活動が進められる
  • 未経験の求人にも応募できる
  • 転職市場の相場を調べられる
斉藤

良くも悪くも自分次第って感じですかね

しっかりと計画を立てて転職活動ができる人なら転職サイトの方が向いているかもね

赤城

 

他にも、希望する業界の待遇や求人数の多さも確認できるので、言葉はちょっと悪いですがアドバイザーからの情報を鵜呑みにしないための情報収集ツールとしても役に立ちます。

転職活動のサブとして使うと良いです。

 

転職活動を、転職エージェントメインで進めるべきなのは間違いありません。転職エージェントの方が良い人材を集めたいと思っている企業が多いからです。

転職サイトがダメだとは言いませんが、大量に人を集めたいだけのブラック企業が求人を出している可能性も転職エージェントに比べて高いので注意が必要です。

詳しくは「【裏話】採用する側の企業が転職エージェントを利用するメリットデメリット」を読んでみてください。

 

それぞれの特徴を理解してうまく利用することが大切

転職エージェントと転職サイトはうまくり利用することが大切です。どちらの方が良いとか悪いとかないですから。

 

ただし結論でお伝えしたように何かよっぽどの理由がない限りは併用をおすすめします。そしてメインは転職エージェントで進めるのがベターです。

両方とも無料で利用できますし、使ってみて合わないと思ったら使わなければ良いだけなので、まずは利用してみると良いでしょう。

斉藤

使ってみてから判断してもまったく遅くないですもんね

合わせてクチコミサイトも利用するのがおすすめだよ

赤城

詳しくはこちらの記事で解説しています。

関連記事転職成功率アップ!転職エージェントや転職サイトと口コミサイトの役割を理解しよう

 

まとめ:転職エージェントと転職サイトの違いを理解して上手に併用しよう

どちらも使いこなすのが大切

 

転職エージェントと転職サイトの一番大きな違いはアドバイザーが担当してくれるかどうかです。

転職エージェントはアドバイザーのサポートがあるので、転職活動で挫折しにくく面接日程の調整など面倒なこともしてくれるので助かります。

アドバイザーが書類の添削や面接対策もしてくれ、企業の採用担当者と連携しているため的確なアドバイスをもらえるのが最大のメリットです。

一方の転職サイトは自分のペースで転職活動を進められます。

転職サイトは行きたい業界の給与や待遇の相場を知るのにも便利です。

どちらが良いとか悪いとかないから、違いを理解してうまく使いこなしてね!

赤城

 

一番良いのは併用すること。両方利用するとそれぞれの良いところを使えるだけでなく、相乗効果でよりよい転職活動ができます。

どちらも無料で利用できますから、とりあえず使ってみて自分に合わないなと思ったら利用をやめればいいだけなので、まずは一度利用してみてください。

転職エージェントや転職サイトをうまく使いこなし、あなたの転職が成功することを願っています。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

どこに登録すればいいかはこれ

とにかく「どの転職エージェントを使えば良いんだ!」という方は、以下の登録をおすすめします。いずれも無料で利用可能です。


マイナビエージェントロゴ

ここがポイント

無期限サポートでじっくり転職活動

【公式】 https://mynavi-agent.jp/

求職者に寄り添った親切なサポートが魅力。無期限サポートなので今すぐの転職を考えていなくてもOKです。


dodaロゴ

ここがポイント

転職サイトも同時登録で幅が広がる

 【公式】 https://doda.jp/

 業界大手であり、同時に転職サイトへの登録も完了するので、給与や休日日数などの「業界の相場」を知るのに適しています。


ここがポイント

業界最大手で豊富な求人。

【公式】 https://www.r-agent.com/

業界最大手。非公開求人数も多く、アドバイザーの質も高いのでおすすめ。


転職エージェントの満足度は、担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性による部分が大きいです。

まずは マイナビエージェント doda を利用してみて、満足できなかったり転職活動に慣れてきたら リクルートエージェント を利用してみてくださいね。

 

関連記事転職エージェントは転職サイトや口コミサイトを連携させて主導権を握ろう

  • この記事を書いた人

斉藤くんの中の人

新社会人として一部上場の商社に入社し25歳の時に畑違いであるIT業界の中小企業へ転職。その後同じ業種で人生2回目の転職をして同じ仕事ながら年収100万円アップ。今は会社の仕事は半分にしてもらい、もう半分はフリーランスとして働いて安定と自由をバランスよく得ています。パロディマンガ「ブラック職場によろしく」で転職と副業の大切さを発信しています。

-転職エージェント