転職エージェントや応募先に失礼のないの断り方を例文付きで紹介します

斉藤

転職エージェントに登録した後の利用って断れるのかな?

いつでも断って大丈夫だぞ

出久根

でも配慮は必要だからね

赤城

転職エージェントに登録したら転職しないといけないと思っていませんか?

結論から言うと、転職エージェントのサービスに登録したからといって転職をしないといけないわけではありません。

私も実際に転職エージェントに面談を受けた結果、転職はしないことに決めてサービスの利用をやめさせてもらいました。

この記事でわかること

  • 転職エージェントの利用をいつでも断れる理由
  • 断る場合の注意点
  • 具体的な断りメールの例文

この記事を読めば、安心して転職エージェントのサービスを利用できるようになります。

転職エージェントの利用に一歩踏み出せていない あなたは安心してください。

 

転職エージェントの利用はいつでも断れます【ただし配慮は大切】

転職エージェントはいつでも断れる

 

転職エージェントのサービス利用を断ることはいつでも可能です。

転職エージェントサービスを利用したからといって、絶対に転職をしないといけないわけではありません。

そんなサービスがあったらヤバいけどな

出久根

担当のアドバイザーにメールでその旨を伝えてください。

  • 別のルートで就職が決まった
  • 転職活動をしてみて今の会社に残った方が良いと思った
  • もう一度気持ちを整理したい

どれも自然なことです。

 

転職は目的でなく、より良い人生にするために手段でしかありません。
今の職場に残って働いた方が良いという判断をするような材料が見つかったならそれは良いことです。

 

斉藤

でもやっぱり断りづらいよ……

まあ普通の人間はそうだよな

エージェントサービスはビジネスだし、アドバイザーも人間だし

出久根

ちゃんと配慮して断れば大丈夫だよ

断る時の注意点を説明するね

赤城

 

断る場合も周りへの影響や人間関係を大切に考えて配慮する

断るにも配慮が大切

 

転職エージェントの利用を断る場合には以下の点に注意してください。

断る場合の注意点

  • 断るタイミングに配慮する
  • 断る場合は早めに伝える
  • 断りたいという希望をストレートに伝える
  • 放置や無視はNG

結局は人間関係が大切ですから、そこを意識してください。

 

断るタイミングに配慮する

転職活動がどこまで進んでいるかによって断って良いタイミングと気にしなければいけないタイミングがあります。

  1. エージェントへ申し込みをしてこれから面談
  2. 面談後に求人を紹介してもらっている最中
  3. 企業に面接の申し込みをして選考の途中
  4. 企業に内定をもらった後

周りへの影響が大きい3や4のタイミングでは特に注意してください。

具体的な断りメールの例文は後半で紹介してるよ

赤城

 

 

エージェントへ申し込みをしてこれから面談

特に問題はありませんが、せっかくですから1度面談は受けてみることをおすすめします。

斉藤

思いがけない話が聞けるかもしれませんしね

断る場合はメールをすればOK!

赤城

 

面談後に求人を紹介してもらっている最中

特に問題ありません。アドバイザーにメールで理由を添えてサービス利用を断ればOKです。

もちろん、面談を受けたことに対する感謝は添えてね

赤城
斉藤

マナーですよね

 

企業に面接の申し込みをして選考の途中

選考の途中になると、転職エージェントと企業間で調整を進めているので注意してください。

転職エージェントと企業は信頼関係が重要なので、理由もなく断るととても迷惑です。転職エージェントは企業から人材紹介の報酬をもらうビジネスモデル。つまり、転職エージェントから見たお客様は企業であり、求職者であるあなたは「商品」なのです。ちょっと言葉は悪ですけどね(詳しくはこちらで解説しています。)

次の転職先が別のルートで決まったというように、絶対に入社をすることがないようであれば断った方が良いですが……

斉藤

「なんとなく面接を受けたくない」じゃ失礼だよね

そこまで行ったなら、一度面接は受けた方が良いな

出久根

面接を受けた上で、入社したい気持ちが出てこないなら断ってもOKだよ

そのために面接をするんだし

赤城

断りを入れる場合は、メールと合わせて電話もしてくださいね。

 

企業に内定をもらった後

内定をもらった後も注意が必要です。

内定をもらってみたものの、条件や仕事内容を考えて内定を辞退したいことは珍しいことではありません。

ただし、企業の人員計画に影響を与えますし、転職エージェント側としても企業に迷惑をかけてしまうので困ります。

斉藤

内定もらって断るのは、さすがに悪いかな……

妥協して内定を受ける必要はないよ

赤城

納得がいかないまま就職してもまた転職したくなるかもしれませんし、パフォーマンスが上がらなければ企業にも迷惑がかかります。

あなたの人生は、あなたしか責任をとってくれないので内定を辞退したいと思ったらしてOKです。

ただしその場合もしっかりとした理由を誠心誠意伝えて、迷惑をかけて申し訳ないという態度で断りましょう。

 

断る場合は早めに伝える

断ろうと思った場合はなるべく早く伝えることが重要です。

悩んでいる間にも、転職エージェントのアドバイザーは求人を探してくれています。

面接の申し込みをしていれば、日程調整が進んでいるかも知れねーしな

出久根

もちろん断ろうか悩んでいるときに迷って時間がかかるのは仕方ないでしょう。

斉藤

良くないのは、断ると決めたのにすぐに連絡をしないことですよね

言いにくいのはわかるけど、後になればなるほど言いにくいから断る場合は早めにね

赤城

 

断りたいという希望をストレートに伝える

断るのが言いづらいからと、曖昧な言葉で伝えるのは辞めましょう。

  • 本当に転職をした方が良いのか迷っているので時間が欲しいです
  • ちょっと考えさせてください
  • 考えがまとまりません

これで察してくれ!というのは無理だぞ

出久根

アドバイザーも「これは辞めるの?続けるの?」と混乱して困るよ

赤城
斉藤

「転職活動は中止させてください。」とストレートに伝えます

 

もし転職活動は続けたいけど、一時的に止めたい場合はその旨をそのまま伝えればOKです。

 

放置や無視はNG

放置や無視は絶対にNGです。

放置や無視をしている間にも、アドバイザーや企業はあなたのために調整をしてくれています。

これは転職エージェントを断るとか断らないとかの問題ではなく、大人としてやってはいけません。

電話で伝えにくいなら、最悪メールだけでも良いので断りたいことを伝えてね

赤城

 

タイミング別に転職エージェントの断り方と例文をご紹介

転職エージェントや内定の断り方の例文

 

ここでは、断ろうと思ったタイミング別に断り方とメールでの例文をご紹介します。

コピペOKですが、あなたの気持ちが伝わるように正直な気持ちや具体的な理由を一部でも良いので盛り込んで調整するようにしてください。

アドバイザーとの面談前の断り方

面談前であればシンプルに利用を断るだけで大丈夫です。

ただし、せっかく申し込んで面談の日程調整をしているタイミングなら話だけでもしてみてください。

アドバイザーとの会話で、今の仕事を見つめ直すきっかけにもなります。

それでも断りたいという人は、以下の例文を参考にしてみて

赤城

 

例文

お世話になっております。

面談の日程調整ありがとうございます。

大変恐縮なのですが、面談は中止させていただけますでしょうか。

理由としてましては、転職活動をしようとサービスに登録したものの、まだ自分の中でハッキリとした目的が見えておらず、今のまま転職活動をしてもうまくいかないであろうと思ったからです。

改めて今の仕事と将来を考えて、再度必要になったらサービスの利用を検討したいと考えています。

ご迷惑おかけして申し訳ありません。

ありがとうございました。

 

アドバイザーとの面談後の断り方

アドバイザーとの面談後であれば、シンプルに断りのメールを入れるだけでOKです。

面談によって、仕事の悩みが解決したという人も少なくありません。

面談に対する感謝は伝えてくださいね。

 

例文

お世話になっております。

先日は面談、誠にありがとうございました。

大変恐縮なのですが、転職活動は中止させていただけますでしょうか。

理由としてましては、○○様との面談の中で自分の課題や将来への不安が具体的になりました。

そして職務経歴書を作成したりする中で、今の会社に残って仕事をすることがベストの選択であると判断したからです。

面談のおかけげでこのような判断にいたり、とても感謝しています。

○○様のお役には立てなかったこと申し訳なく思っております。

丁寧なご対応ありがとうございました。ますますのご活躍を願っております。

 

求人紹介中の断り方

求人を紹介してもらっている最中も、シンプルに断りのメールを入れましょう。

アドバイザーもいろいろ調整してくれているから、なるべく早く連絡はしてあげて

赤城

 

例文

お世話になっております。

求人の紹介ありがとうございます。

大変恐縮なのですが、サービスの利用は中止させていただけますでしょうか。

理由としてましては、○○様との面談の中で自分の課題や将来への不安が具体的になりました。

そして職務経歴書を作成したりする中で、今の会社に残って仕事をすることばベストの選択であると判断したからです。

転職活動をしたことで、今の仕事に対するモチベーションも戻って来ました。

ご対応いただいたこと感謝いたします。

また○○様のお役に立てなかったこと申し訳なく思っております。

丁寧なご対応ありがとうございました。

ますますのご活躍を願っております。

 

選考途中での断り方

選考の途中で断る場合は、転職活動に対する意識が変わってきたタイミングのはずなので、再度考え直したいという旨を伝えるようにしてください。

求人を見ているうちに気持ちが変化することも良くあります。

素直な気持ちを真摯に伝えれば大丈夫

赤城

 

例文

お世話になっております。

いつも、サポートありがとうございます。

大変恐縮なのですが、○○会社への応募は中止していただけませんでしょうか。

理由としましては、転職活動をする中で現職の見方に変化があり、転職ではなく仕事を続ける方向の考えが強くなって来たことです。

今の気持ちのまま面接を受けても、ご迷惑をおかけしてしまうと判断いたしました。

もう一度今の仕事を続けてみて、再び転職活動へ気持ちが傾いたら再度エージェントサービスを利用したいと考えています。

ご対応いただいたこと感謝しております。

また○○様のお役に立てなかったこと申し訳なく思っております。

丁寧なご対応ありがとうございました。ますますのご活躍を願っております。

 

面接予定中の断り方

面接の予定を調整中の場合、断るにはそれなりの理由が必要です。

よっぽどのことがない限り、面接を受けてから判断することをおすすめします。

それでも、断りを入れたい場合は下記の文面を参考に丁寧に伝えてね

赤城

 

例文

お世話になっております。

いつも、サポートありがとうございます。

大変恐縮なのですが、○月○日に予定されている○○会社との面接はお断りさせていただけないでしょうか?

理由としましては、希望する条件や将来のイメージと、求人や会社の内容が合致しないのが原因です。

面接を受けてみないとわからないことがあるのは重々承知なのですが、納得できないまま面接を受けても相手の人事担当の方に、余計にご迷惑をかけてしまうと思います。

面接の日程調整をしていただいたところ本当に申し訳ないのですが、キャンセルをお願いします。

もう一度、希望の条件と将来を考えさせてください。

よろしくお願いします。

 

内定の断り方

内定を断ることは意外と多いと思います。実際に内定をもらって冷静なると、もっと良いところに就職できるのでは?と思うからです。

 

アドバイザーによっては内定を急かしてくることもあるでしょうが、しっかりと考えてください。

もし、考えた結果内定を断るなら以下のようなメールで断りを入れましょう。

転職活動は続ける場合が多いと思いますので、ポジティブな印象を与えるように前向きな言葉を入れてください。

 

例文

お世話になっております。

いつも、サポートありがとうございます。

大変恐縮なのですが、○○会社からいただいた内定は辞退させてください。

内定をいただいて、冷静に希望の条件と将来なりたい自分のことを考えてみました。

そして、もう少し◯◯の条件が良い会社を目指したいと考えています。

先方にもご迷惑をおかけしてしまうこと申し訳なく思うのですが、納得のいく転職がしたいので今回は辞退をさせてください。

もう一度、一から転職活動をやり直したいと思いますので、ご協力お願いいたします。

ポイントは「◯◯の条件が良い」のところを書くことです。

具体的な希望の条件がないとなんとなく断っただけの印象もありますし、転職エージェントのアドバイザーも今後どうするべきなのかイマイチわかりません。

希望があいまいな状態で転職活動を進めても、結局また同じことになってしまう可能性が高いので、希望や目的をハッキリさせて断るようにしてくださいね。

 

一時的にサービスの利用を終始する場合

転職活動は続けたいけど、今は余裕がなくて一時的にサービスを停止したい時です。

エージェントによってはサポート期間を3か月と決めているような場合もあります。

必要になったら再度連絡すればいいのか、アドバイザーに確認してみて

赤城

 

例文

お世話になっております。

いつも、サポートありがとうございます。

大変恐縮なのですが、いったんサービスの利用を止めさせていただけないでしょうか?

送られている求人にも目を通していますが、現職やプライベートが忙しくあまり詳しく検討ができていません。

このまま求人を紹介されてもお手間を取らせてしまうだけですので一旦停止させてください。

また落ち着いて転職活動ができるようになったらご連絡させていただきますでしょうか。

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

長期的に転職活動をしたいなら、転職サポート期限が無期限の マイナビエージェント がおすすめですよ。

 

退会する場合

退会をする場合は素直に理由を告げればOKです。

下記は別の転職エージェントを利用する例にしていますが、転職せずに今の仕事を続けることにしたので退会する場合もあるでしょう。
その場合は、他の例文を参考にして退会のメールを送ってください。

 

例文

お世話になっております。

求人の紹介ありがとうございます。

大変恐縮なのですが、サービスを退会させてください。

理由としてましては、別の転職エージェントサービスで良い求人を紹介していただき、そちらでの転職活動をメインとしたいと考えているからです。

ご対応いただいたこと感謝しております。

また○○様のお役に立てなかったこと申し訳なく思っております。

丁寧なご対応ありがとうございました。ますますのご活躍を願っております。

 

断ろうと思った理由がアドバイザーとの相性なら担当を変えてもらおう

アドバイザーとの相性が良くなければ担当を代えてもらう

 

転職エージェントサービスを断るのは問題ありませんが、なぜ断りたいのか理由を再確認してみてください。

もし、アドバイザーとの相性がイマイチだと思うのであればアドバイザーを変えてもらうことは簡単です。

それこそメールをするだけでできます。

アドバイザーから確認の電話がかかってくるかもしれませんが、いろいろな方とお話をしてみたいのでと説明すれば問題ありません。

アドバイザーもそういったことには慣れていますし、ビジネスですから大丈夫だぞ

出久根
斉藤

そんなもんか

ただし、対応してくれたことに関しては感謝を伝えてね

赤城

担当者を変えてくれということが言いづらいなら、別の転職エージェントを使うのも手です。 

転職活動をするなら複数の転職エージェントに登録するのは必須ですよ。

複数のアドバイザーと話をしないと相性が良いか悪いかわかりませんし、相性が良いと思うアドバイザーをメインに使えばOKだからです。

転職エージェントはビジネスですから、遠慮せずにこちらの使いやすいように利用していきましょう。

 

まとめ:転職エージェントのサービスを断るのは問題なし!納得のいく転職をしよう

転職エージェントの断り方

 

転職エージェントサービスの利用を断るのは問題ありません。ただし、断る時にはタイミングや伝え方に配慮しましょう。

相手も人間ですし迷惑がかかることもあるのは事実です。

 

ですが、気にしすぎて我慢することは絶対におすすめしません。

なぜなら、あなたの人生はあなたが一番に真剣に考えられるからです。

後悔しないように、転職エージェントのサービスや内定を断ることは別に問題ないという考えを持ってね

赤城
斉藤

断る時は誠意を持って伝えます

そうすれば、まともなアドバイザーや企業なら大丈夫です。

逆に言うと、それで怒るような相手とは付き合わない方が良いだろうな

出久根

良い判断ができたと思って前向きに考えて下さい。

このように、転職エージェントを使ったからと言って絶対に転職しないといけないわけではありませんので、まずは気軽に相談してみてください。

最終的には人間関係が大切。失礼な態度や非常識な断り方をしなければ、遠慮なく断ってOKです。

この記事が、転職エージェント利用に躊躇しているあなたの後押しになれることを願っています。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

どこに登録すればいいかはこれ

とにかく「どの転職エージェントを使えば良いんだ!」という方は、以下の登録をおすすめします。いずれも無料で利用可能です。


マイナビエージェントロゴ

ここがポイント

無期限サポートでじっくり転職活動

【公式】 https://mynavi-agent.jp/

求職者に寄り添った親切なサポートが魅力。無期限サポートなので今すぐの転職を考えていなくてもOKです。


dodaロゴ

ここがポイント

転職サイトも同時登録で幅が広がる

 【公式】 https://doda.jp/

 業界大手であり、同時に転職サイトへの登録も完了するので、給与や休日日数などの「業界の相場」を知るのに適しています。


ここがポイント

業界最大手で豊富な求人。

【公式】 https://www.r-agent.com/

業界最大手。非公開求人数も多く、アドバイザーの質も高いのでおすすめ。


転職エージェントの満足度は、担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性による部分が大きいです。

まずは マイナビエージェント doda を利用してみて、満足できなかったり転職活動に慣れてきたら リクルートエージェント を利用してみてくださいね。

 

関連記事転職エージェントは転職サイトや口コミサイトを連携させて主導権を握ろう

  • この記事を書いた人

斉藤くんの中の人

新社会人として一部上場の商社に入社し25歳の時に畑違いであるIT業界の中小企業へ転職。その後同じ業種で人生2回目の転職をして同じ仕事ながら年収100万円アップ。今は会社の仕事は半分にしてもらい、もう半分はフリーランスとして働いて安定と自由をバランスよく得ています。パロディマンガ「ブラック職場によろしく」で転職と副業の大切さを発信しています。

-転職エージェントの使い方